tv_20170111125417.jpg

写真拡大

アメリカのセレブタレント、キム・カーダシアンさん(36)が昨年(2016年)10月、パリで被害にあった強盗団がこのほど逮捕された。その人数に驚いた。なんと17人。23歳から72歳までの男女で、それぞれが得意分野を持つ専門家だったとは、まるで映画だ。さすがに数が多すぎたか、あちこちでボロが出た。

弁護士の父(故人)とタレントで実業家の母との間に生まれたキムさんは、テレビ番組に家族の豪勢な暮らしぶりやトラブルを公開して、名を知られた。夫はカリスマ・ラッパーのカニエ・ウエストさん(36)で、年収が約26億円。夫婦揃ってお洒落でセレブの代表だ。

そのキムさんがパリコレのためフランスを訪れた昨年10月2日の深夜、事件は起こった。パリ中心部に借りた宿泊施設(1泊170万円)に、午前3時頃2人の男が侵入して、キムさんの手足を縛りテープで口を塞ぎ、浴室のバスタブに放り込んだ。

強盗は、夫が贈った20カラットのダイヤの指輪(4億5000万円)など宝石ばかり約11億円を盗んで逃走した。キムさんはショックで公の場に出られなかったが、今月2日テレビに出て、事件を語っていた。「背中から撃たれると思った。逃げ場などなかった」と今も怯える。

リムジン運転手、宝石ディーラーなど専門家でチーム

容疑者が捕まったのは9日だった。男14人、女3人。フランスの5つの都市で拘束された。警察は、キムさんを縛った粘着テープからDNAを採取。1人を割り出した。また、自転車で逃走する容疑者の姿も防犯カメラに写っていた。

17人には役割分担があった。押し入ったのは2人だったが、建物の前まで行った実行犯は5人。別の1人は、カーダシアン一家がパリに滞在する際に定期的に利用していたリムジンの会社のお抱え運転手で、事件のあった夜も、キムさんを送り届けていた。キムさんの行動を教えていたとされる。

他に武器を調達、車を調達、警察を装うユニフォームを見つけるとか......いろいろあるというが、今回は宝石を売りさばく宝石ディーラー2人がいた。フランス警察は、宝石はベルギーのアントワープに流されたと見ている。合法、非合法を含め、ヨーロッパのダイヤ取引の中心地のひとつだ。

加藤浩次「映画では見たことがあるけど......実際にあるんだね」

近藤春菜「ドライバーまでグルだった」

宮崎哲弥「一般論としては、経済が傾くと治安が悪化するといわれる。同時多発テロ以来、観光客も減っているし」

とはいえ、17人は多すぎたか。DNAから芋づるになった。