冬の柔らかな日差しが残る夕刻、東京・秩父宮ラグビー場で岩出雅之監督が8度、宙に舞った――。1月9日、ラグビー大学選手権の決勝戦が行なわれ、東海大を33−26で破った帝京大が前人未踏の8連覇を達成した。ラグビー界にとって「8」という数字は、過去に日本選手権で新日鉄釜石(現・釜石シーウェイブス)と神戸製鋼が達成した7連覇を超える金字塔である。

 ただ、帝京大にとっては、過去8回の大学選手権決勝のなかでもっとも白熱し、もっとも苦しんだ試合だった。

 接点やディフェンスでは互角だったものの、日本代表3人を擁する東海大の強力なFW陣のスクラムに苦しみ、試合序盤で2トライを奪われ、前半17分までに0−14とリードされる。帝京大の岩出監督は「スクラムでやられるのは想定内だった」と言うものの、さらにもう1本トライを獲られてしまうと、ゲームをひっくり返すのはかなり難しい状況だっただろう。

 そんな窮地のなかで帝京大を逆転優勝に導いたのは、間違いなく「10番」をつけたSO(スタンドオフ)松田力也(4年)の存在だ。昨年6月には桜のジャージーをまとい、日本代表としてスコットランド代表とも戦った司令塔が、決勝の舞台でひとりだけ次元の違うプレーを見せた。

 SO松田は京都の名門・伏見工時代から注目を浴びていた逸材で、伏見工→ユニチカでプレーした父・大輔氏の影響で6歳からラグビーを始めた。陶化中(とうか/現・凌風学園)→伏見工という経歴は、昨年10月に亡くなった「ミスターラグビー」こと平尾誠二氏と重なり、高校時代から「平尾2世」との呼び声も高かった。

 東海大にリードされても、SO松田はいたって冷静だった。「自分たちのミスから2トライを獲られましたが、FWはしっかり戦えていた。自分たちの土俵は敵陣で、そこでプレーすればトライを獲れるという自信はあった」。

 残り時間は60分強で14点差。強引に自陣から攻めたくなる状況のなか、SO松田は左右にキックを蹴り分け、エリアを意識して戦うことに終始する。その判断は、午前中までの雨でぬかるんだグラウンドと、相手のFWが強いと考えてのことだった。SO松田はこう振り返る。

「味方のFWを前に走らせながら、東海大の大きなFWを後ろに走らせれば、相手のフィットネスは落ちてくると思っていた。相手が蹴り返してくるのはわかっていましたし、相手(ディフェンスで)が上がれば、その後ろにスペースができ、下がれば、その前にスペースができる。我慢すればチャンスは来る。プランどおりでした」

 相手FWの疲れが見えてきた前半30分、自陣10mの場所で対面する選手がFWだと判断すると、SO松田はパスダミーからランで抜け出し、裏にキックを蹴ってチャンスメイク。その一連の流れから相手ゴール前まで迫ると、SO松田は相手のタックルを受けながらもインゴールにグラバーキック(※)を放った。そして、そのキックを拾ったNo.8(ナンバーエイト)ブロディ・マクカラン(2年)がトライ。外とのコミュニケーションをはかり、スペースにキックを蹴る――SO松田が「いつもどおり」と胸を張るプレーだった。

※グラバーキック=ボールを地面に転がせる蹴り方。

 2本目のトライも、相手ボールを奪った後にSO松田がWTB(ウィング)竹山晃暉(2年)や外にいるFWの選手をうまく使い、CTB(センター)矢富洋則(3年)のトライを演出した。自身でゴールもきっちりと決め、前半のうちに14−14の同点に追いつくことに成功。SO松田は「パス、キック、ランとさまざまなオプションを使って相手の裏をかく」と自己分析するが、そのとおりのプレーを大一番で披露した。

 後半のキックオフは、7人制ラグビーのようにSO松田のキックをNo.8マッカランがキャッチし、「この試合のために準備してきた」(SO松田)という戦略で相手にプレッシャーをかけ続ける。その後、パスをインターセプトされて14−19とふたたびリードされるも、試合は徐々にフィットネスで上回る帝京大のペースに。そして後半15分、LO(ロック)姫野和樹(4年)が抜け出すと、CTB矢富が右隅に今日2本目のトライを挙げ、ふたたび19−19の同点とした。

 残りは20分弱。大事な時間帯でギアを上げることができたのは、赤いジャージーのほうだった。

 後半23分、SO松田の突破からチャンスを作って細かいパスをつなぎ、最後はWTB吉田杏(3年)が左隅にトライ。さらに後半28分にもSO松田がふたたびインゴールにキックし、それに素早く反応したスピードスターWTB竹山がトライを奪った。

 トライ後も、SO松田が左隅の難しい角度からゴールをしっかりと決めて33−19。勝負をほぼ決めた連続トライによって、帝京大の岩出監督は「最悪でも同時優勝」と思ったという。東海大も意地を見せて後半35分に33−26まで追い上げるも、最後は帝京大の粘りのディフェンスに屈してノーサイド。近年のなかでは、もっともレベルの高い決勝戦だった。

 試合後、岩出監督やキャプテンらとともに副キャプテンのSO松田も8度、胴上げされた。目の奧を少し赤くしたSO松田は、「後ろから見ていてもFWは頼もしかった。決勝まで来られたことに感謝して、80分間、信じてやり続けた結果です。心からうれしい。全員で最後に笑えて幸せです」と破顔した。

 4年生で最後の大学選手権というプレッシャーのなかでも、SOとしてゲームをコントロールできた要因は、「いろいろ経験させてもらったことが大きかった」という。高校時代までFB(フルバック)だった松田は、1年生からSOとしてさまざまな経験を積んできた。コミュニケーションを取りながらスペースを判断する「ビジョントレーニング」を行なったり、試合後もビデオでゲームの分析を続けてきたという。もちろん、日本代表として高いレベルでプレーを体感したこともプラスに働いた。

 体育の教員免許を取得予定のSO松田は、将来、母校・伏見工に戻って指導したいという夢を持っている。だが、その前に選手としてより高みでプレーするため、大学卒業後はプロとしてパナソニックワイルドナイツに進む。岩出監督も「すばらしい成長の跡を感じます。もっと日本代表として活躍してほしい。これからはファンとして応援したい」と目を細めた。

「大学王者」となった帝京大は、1月21日から始まる日本選手権で「トップリーグ王者」と激突する。大学最後の試合、そして、もしかして最後となるかもしれない大学王者と社会人王者との一戦を前に、SO松田は「もう一度、原点に戻って勝ちにいきたい」と静かに闘志を燃やしている。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji