G-DRAGON、全力でガールズグループダンスを披露「この10年間で一番頑張った」

写真拡大

「週刊アイドル」でBIGBANGのG-DRAGONが、ガールズグループのカバーダンスに挑戦し、“シャシャシャ”ダンスを披露する。

11日に韓国で放送されるMBC every1「週刊アイドル」のBIGBANG編第2弾では、BIGBANGのメンバーたちによる「ガールズグループのカバーダンス対決」が繰り広げられる。

V.Iが「ガールズグループのセンターに立つほどの実力が見たい」と言う厳しい審査基準に、メンバーたちはしばらく躊躇する様子を見せたが、すぐに体を張ってキュートなダンスを披露し、現場を笑わせた。

G-DRAGONは、過去にソロで「週刊アイドル」に出演し“キヨミソング”を披露したことで話題を集めており、今回は人気アイドルTWICEのヒット曲「CHEER UP」の歌詞の一部である“シャシャシャ”ダンスを再現し、これまでカリスマ性あふれるステージ上での姿とは180度異なるキュートな愛嬌を惜しみなく放出した。

続けてG-DRAGONはD-LITEとI.O.Iの「PICK ME」のコラボステージを完璧にこなし、MCとメンバーから絶賛を受けたが、披露し終わるとすぐにG-DRAGONは「10年間の収録で一番一生懸命やった」と答え、スタジオを大爆笑させたという。

また、T.O.Pの過剰なセクシーダンスからグルーブ感あふれるSOLによるGFRIENDのカバーダンスなど、これまで以上に意欲が溢れたBIGBANGの姿に終始目を離せないユニークなダンスが続けられたと伝えられ期待が高まる。

BIGBANGが出演する「週刊アイドル」は、11日午後6時に韓国で放送される。