1

東京・吉祥寺の「らーめん専門店 ぶぶか」の看板メニューである「油そば」を店主監修でカップ麺化した「明星 ぶぶか 油そば」は、2002年の発売から15年目を迎えています。そんな明星の油そばシリーズの新作「ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ」は、ぶぶか油そばならではの濃厚なたれに、ペッパー&ガーリックの効いた「やみつきマヨ」を使用でパンチのある味に仕上げたということで、いつもよりジャンクなぶぶかでお腹を満たしてみました。

「明星 ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ」(1月9日発売)

http://www.myojofoods.co.jp/news/5673.html

「ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ」はいつもと変わらないパッケージに見えますが……



「ペッパー&ガーリック やみつきマヨ仕上げ」と書かれていました。



原材料にはラード・ペッパーガーリックマヨネーズ・しょうゆなどが使われています。



恐るべきは1食あたりのエネルギーが800kcalもあるということ。



中に入っているのはかやく・液体ソース・ふりかけ・特製マヨ。



かやくのみ中に入れ、お湯を770ml入れたら3分待ちます。



湯切りした麺をお箸で持ち上げると、よく水気が切れて油が回りやすくなります。



液体ソースを入れると、800kcalという高カロリーも納得できる分量の油がどばどば出てきます。



ふりかけと特製マヨをかけて仕上げるとこんな感じ。



ふりかけはローストガーリック・ネギ・きざみのり・ブラックペッパー・七味唐辛子を組み合わせたもの。特製マヨにもガーリックが入っているので、にんにくの香りに食欲が刺激されます。



さっそく食べてみると、一口で脳髄まで届くような強烈なジャンクな味わいで、しょうゆと油が濃厚すぎるほど効いています。麺というよりおかずを食べている気になるレベルで味が濃いのですが、特製マヨやふりかけのガーリックのうま味も強く、記憶に強烈に残ること間違いなし。



他に類を見ないほど油が入っており、後味もかなりヘビー。たっぷりの太麺は単調なので飽きてしまう可能性がありますが、甘辛く煮込まれたチャーシューやなるとを挟むことで、飽きずに最後まで食べることができるはず。



なお、「ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ」の価格は税別218円です。