Block B パクキョン、1stミニアルバム「NOTEBOOK」ダブルタイトル曲の曲名を公開…対照的な雰囲気を暗示

写真拡大

Block Bのパクキョンが「恋愛3部作」を完成させる。

所属事務所のSeven Seasonsは11日午前0時、公式SNSを通じて1stミニアルバム「NOTEBOOK」のダブルタイトル曲の曲名を公開した。

この日公開されたイメージには「NOTEBOOK−THE FIRST PAGE−」というフレーズと、ダブルタイトル曲の曲名が書かれた2枚のカードが置かれている。

最初のタイトル曲の曲名は「君の前で僕は」でピンク色のカードに書かれている。2番目のタイトル曲の曲名は「残像」で黒色のカードに書かれており、2曲が正反対の雰囲気を持っていることを暗示する。

先日パクキョンはダブルタイトル曲のキーワードを公開し、「恋愛3部作」のヒントを与えた。「君の前で僕は」はジャズをベースにした楽曲で穏やかなピアノとブラス演奏が印象的で、恋愛をする過程の男の姿を描き出した。

2番目のタイトル「残像」は誰かについての記憶、すでに過ぎ去った話についての思い出を込めた楽曲で、「恋愛3部作」の最後の作品だ。「普通の恋愛」「自責の念」で愛を知り、ときめく姿を描いたことに対し、「残像」は別れた後からの後悔と悲しい気持ちを込めた楽曲だ。パクキョンの重みのあるラップとコラボの主人公は別れの悲しさと懐かしさ、後悔を表現し、「普通の恋愛」に終止符を打つ予定だ。

以前「普通の恋愛」と「自責の念」を通じてパク・ボラム、GFRIENDのウナとあうんの呼吸を見せたパクキョンが今回のミニアルバムでコラボするアーティストは誰になるのか、期待が高まっている。

パクキョンの「NOTEBOOK」は18日午前0時に公開される予定でアルバムの発売に先立ち、17日午後11時から「Mnet Present」を通じて新曲のライブステージを初公開する予定だ。