発表・発売以来、「わかる」「わからない」「言われればわかる」などと言われてきたマツダのGベクタリングコントロール、通称「GVC」を、雪上のテストコースで試すことができました。

1

結論からいうと、舗装路面よりも「その効果がわかりやすい」ということでした。

試乗は特別にGVCをオン/オフできるようにした試乗車で行いました。まずは、試乗車のGVCスイッチをまずはオフにして走ります。

すると、雪道の状況によってまっすぐ走るために、路面状況の変化に合わせ、小刻みに数センチ前後動かしてしまいます。コーナーでも、一定の舵角で曲がって行きたいのに、ちょっとずつステアリングを修正しながら曲がるのを余儀なくされます。

走っている最中にGVCスイッチをオンにしてみます。

すると、明らかに修正のためのステアリング操作が減ることに気付きます。まっすぐの雪道、新雪ではなくてある程度の轍があったり、固まっているところがあったりする道を走っているとき、修正のため頻繁にステアリングを操作しますが、この回数が減ってくれるのに気付きます。

コーナーでも同じように、ステアリングを一定にしていても不安になることがなく、修正しなくて曲がってくれていくのがわかります。

エンジンの制御によって人間には不可能な速さでトルクの出方を変動させることで、このような結果が得られる、と聞いているものの、いまだにそれでステアリング操作に影響するのが信じられないけど、感じることができるのがより不思議な気がします。

 

ここでふと思ったのは、もしかしたら我々は必要以上にステアリングの修正をしているのかなと。もしかするとそこまで修正してやる必要はないのかもしれません。

が、そう感じて修正していることで神経を遣っているのは間違いなく、結果的に疲労を溜めているんだということも感じました。

 

GVCは今後マツダ車には随時搭載されていくとのことですが、搭載されるとオン/オフスイッチがあるわけでもなく、常に働いてくれます。今回のように、テストコースでオン/オフスイッチがあるクルマに乗ることは一般的には不可能。よってその効果を体感することは難しいかもしれません。

実体験的には、アクセルオフの状態ではGVCは効かないので、直線路などで微妙なアクセルのオン/オフで違いを体感することができるのは経験済みです。

新しいCX-5にはもちろん、ロードスターを除く新世代マツダ車にはすべて搭載されているので、試乗して確かめてみてください。助手席の人にその効果は大きいというので大切なかたをパッセンジャーとして試乗することをオススメします。

(clicccar編集長 小林 和久)

マツダのGベクタリングコントロール(GVC)は雪道で明確に効果がわかる!?(http://clicccar.com/2017/01/11/433849/)