『覆面系ノイズ』への出演が決まった3人。左から磯村勇斗、真野恵里菜、杉野遥亮 (C) 2017「覆面系ノイズ」製作委員会 (C) 福山リョウコ/白泉社・花とゆめ

写真拡大

中条あやみ主演で実写映画化されることが発表されている、「花とゆめ」に連載中の同名人気恋愛コミックが原作の『覆面系ノイズ』。この映画に新たに、真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮が出演することが発表された。

中条あやみが奇跡の歌声を持つ歌姫に! 恋愛映画『覆面系ノイズ』主演!

原作は2013年から「花とゆめ」で連載が始まり、コミックス累計発行部数が110万部を超え、アニメ化も発表された注目コミック。これを岩田剛典と高畑充希W主演の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でメガホンをとった三木康一郎監督が映画化する。

中条演じる主人公の仁乃(ニノ)は、小さな頃から歌うことが大好きで、気持ちが昂ぶると思わず叫び出してしまうため、マスクを常用しているほど溢れる思いを胸に秘めた女の子。

幼い頃に浜辺で出会った作曲をする男の子・ユズ(志尊淳)と、いつも一緒に歌っていた初恋の男の子・モモ(小関裕太)という、大切な男の子2人と、ある日突然、離れ離れになってしまった彼女は、「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という彼らとの約束を胸に、必ず再会できると信じて歌い続ける。

6年後、そんなニノが高校生になり、学校でユズと再会するところから物語はスタート。実はユズは、正体を隠した大人気覆面バンドのメンバーで、彼からバンドに誘われたニノは新たに歌う場を与えられ、もう1人のどうしても会いたい人モモにこの声を届けようと、再び声の限り歌い始める。

この度、解禁となったのは、ニノ、ユズ、モモとともに物語を大きく盛り上げる深桜(珠久里深桜)役、クロ(黒瀬歩)役、ハルヨシ(悠埜佳斗)役のキャスティング。

ユズへの強い思いをもちながらも、ニノの出現によりバンドのボーカルを去ろうとする深桜役を演じる真野は、役柄について「登場人物の中で比べると、一見性格が悪い子なのかなと思われやすいかもしれないですが、実はまっすぐで正直で野心家な女の子で私はすごく好きです。そんなまっすぐな深桜を演じていてすごく気持ちがよかったです!」とコメント。

バンドのムードメーカーのクロ役の磯村も役柄について「クロの魅力は、いつもニコニコしていて、The弟的な存在で、イノハリのムードメーカー。だけど、誰よりもイノハリのメンバーを見ていて、大人な考えを持っているところ。それをこの作品で出せるよう挑みました。実際に演じてみて、関西のノリで楽しくやろうとすると、それだけになってしまい、周りを見る事が出来ず、クロの魅力が出せず最初は苦戦しました。けど、監督や、キャストと話したことで徐々に周りが見えるようになっていき、シーンを追うごとにクロらしいメリハリが出てきたのではないかと思います」と話した。

また同じ質問に、オネエ言葉を話すバンドのリーダー的存在で、密かに深桜に思いを寄せるハルヨシ役に扮する杉野は「ハルヨシの魅力は恋にもバンドにも一生懸命で、まわりを自然に包みこむ器の大きさと個性です。誰1人抜けたら成り立たないイノハリにおいて、1人1人の心に寄り添っているのがハルヨシだと思います。深桜を想う気持ちはストレートに見えてかなり複雑でしたが、一途なハルヨシは本当に魅力的だと演じながらも感じていました」と答えている。

『覆面系ノイズ』は11月25日より全国公開となる。