AKB48グループの成人式に参加した(右)から兒玉、松井、矢倉楓子

写真拡大

 毎年恒例のAKB48グループの成人式イベントが9日、東京・千代田区の神田明神で行われ、HKT48(AKB48兼任)の兒玉遥(20)、SKE48の松井珠理奈(19)らメンバー32人が華やかな晴れ着姿で参加した。

 報道陣から「今年の世代は何世代?」と質問が飛ぶと、兒玉は「花しゃか世代です!」と“かみ気味”。言い直して「花咲か世代」と例えると、松井が「各グループの今を引っ張ってる世代が多い。次世代というよりも、今を引っ張っている世代」とフォローした。

 20歳の目標を聞かれると、兒玉は「私はステージに立って、歌って踊るのが大好きなので、大好きなことを続けられたらうれしい」と語った。

 そんな兒玉は昨年のAKB選抜総選挙で自己最高の9位を獲得。今年はさらなる躍進が期待されるが、ファンからは「総選挙1位に!」という機運が盛り上がっている。

「昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で、AKB48グループは『夢の紅白選抜』48人を視聴者投票で決める企画を実施。メーンで歌うことのできるメンバー上位16人を本番で発表しました。そこで、兒玉(紅白選抜は29位)は1位を取れなかったことにショックを受けて、号泣している姿がテレビに流れた。それを見たファンが『本家の総選挙では1位を取らせる!』と意気込んでいるんです」(テレビ局関係者)

 選抜発表で最後のトップ2が発表される瞬間、兒玉は前列に飛び出してきたが、選ばれたのは1位のNMB48・山本彩(23)と2位のHKT48・指原莉乃(24)で、兒玉の名前は最後まで呼ばれず。兒玉は「私は? 私は?」とパニック状態。その後、他の紅白出演者と合同で歌う企画で、兒玉は号泣していた。

「順位発表は事前にメンバーは知らされず、次々と名前が発表された。どのメンバーが残っているか判断する時間もなかった。昨年の総選挙で9位と躍進を遂げていたため、自分の名前が呼ばれないとは思わず、1位と思ったのでしょう」(同)

 過酷なアイドル像を体感した兒玉。総選挙での奇跡を誓うファンとともに、紅白の悔しさをバネにできるか。