画像

写真拡大

 KDDIは、au IDと、トヨタ自動車のテレマティクスサービス「T-Connectナビ」契約者に付与されるIDを連携。「auでんきアプリ」にてEV走行距離などの見える化サービスを提供する。

 KDDIは、au IDと、トヨタ自動車(以下、トヨタ)が提供するテレマティクス※サービス「T-Connectナビ」契約者に付与されるIDを連携。新型プリウスPHVの利用者に対して、「auでんきアプリ」にて、自宅での充電料金やEV走行距離の見える化サービスを提供する。

 これにより、新型プリウスPHVの利用者は、auスマートフォンと「auでんき」を併用することで、自宅の電気料金・電気使用量の推移とあわせて、自動車の充電料金や走行距離も簡単に確認ができるようになる。

 DDIは、トヨタと共同で「つながるクルマ」に必要な車載通信機DCM(データ・コミュニケーション・モジュール)とクラウド間の通信において、高品質で安定した通信をグローバルに確保する「グローバル通信プラットフォーム」の構築を推進している。KDDIは今後、あらゆるシーンでクルマが通信でつながる世界において、顧客接点であるau IDと「つながるクルマ」を連携させたサービスの拡充を目指す。

※テレマティクス:自動車などと通信システムを組み合わせて、リアルタイムに情報サービスを提供すること。

MarkeZine編集部[著]