ブリスベン国際を準優勝で終えた錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

専門家が見る錦織の「進化」、全豪OPへカギは?

 男子テニスで世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)は2017年シーズン初戦のブリスベン国際を準優勝で終えた。準決勝では世界4位で昨年全米オープン覇者のスタン・ワウリンカ(スイス)を7-6、6-3とストレートで撃破しながらも、決勝で同15位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に2-6、6-2、3-6でよもやの敗戦を喫した。今月の全豪オープンの前哨戦で見えた“新スタイル”の進化について、プロテニスプレイヤーの綿貫敬介が語った。

「錦織選手が昨年から挑戦しているリスクを冒すスタイルという部分で進化が垣間見れました。サブーアンドボレーや早いタイミングでネットプレーを織りまぜる積極的なプレーに加え、ストローク戦でもショートポイント(サーブから早い段階でポイントを奪うこと)に挑んでいましたが、そのアグレッシブなプレーに加え、余裕が出てきた印象があります。ベースライン上で粘るというプレースタイルから引き出しを増やしたことで、選手にとってはポイントを決めるコースや選択肢が幅広くなっています。視野が広がってくる。その部分で最初のスタートから余裕を持ってプレーできている。一番の進化だと思います」

 そう分析する綿貫は「質の向上」も指摘する。

「去年は多少強引さがありましたが、(今年は)ポイントを取るべき部分でボールの質が上がり、ストロークのスピードアップも上がっています。体力的に無理をせず、余裕を見せながらもショットのクオリティが上がっている。消耗も避けることができるので、グランドスラム向けのテニスになっているのではないでしょうか」

一方で「気になった部分」は…

 真夏の南半球で5セットマッチで行われる全豪オープンでは体力の消耗をいかに防ぐかもカギとなる。綿貫は錦織が今年初戦で見せたテニスについて、グランドスラムに向け上々の仕上がりと見ているようだ。

 一方で反省点にも言及する。

「全豪オープンに向けて気になった部分は初戦(2回戦)のアメリカ人選手(ジャレド・ドナルドソン)とのファーストセットで見受けられました。4-0から4-6に逆転されたのですが、6ゲーム連取されていました。年明け初戦というところで集中力の部分で難しかったかもしれません。

 自分で流れを掴み切らないといけないところで、アンフォーストエラーが多かった印象があります。準決勝のワウリンカ戦、決勝のディミトロフ戦でもありました。流れが行ったり来たりする中で、大事なポイントでのアンフォーストエラーが目立ちました。全豪ではそこを修正したいですね」

 今回惜しくも準優勝に終わった錦織について、勝負所でどこまで集中力を高めることができるかが重要と綿貫は話す。痛みを発した左臀部の状態にも一抹の不安を残す中、16日開幕の全豪オープンではどのような戦いを見せてくれるのだろうか。

◆綿貫敬介(わたぬき・けいすけ) 明治安田生命所属 世界ATPランキング1135位、ダブルス1024位(2016年6月時点)。埼玉県春日部市のグローバル・プロ・テニス・アカデミーの常任コーチを務めながら、世界ジュニアランキング2位の弟・陽介のツアーコーチも兼務。ジュニア時代には世界ランク5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者と対戦した経歴を持つ。