画像

写真拡大 (全2枚)

 サイバーエージェント子会社が提供する動画リワード広告「Performance Video Ad」に、動画視聴と申し込みフォームが一体となった新アドフォーマットが追加された。

 サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオは、CAリワード提供の動画リワード広告「Performance Video Ad(パフォーマンス ビデオ アド)」において、動画視聴と申込みフォームが一体となった新アドフォーマットの提供を開始した。

 同リワード広告は、ゲームや漫画、コミック系を中心としたアプリやWebメディア内において、企業の商品およびサービスを動画の成果報酬型広告で訴求する。これまで、ユーザーが動画広告を視聴しサービス申し込みやアプリインストールなどをする際、企業のサイトやアプリストアへ遷移する設計となっていた。

 しかし、今回提供を開始するフォーマットは、動画広告再生領域と、申し込みフォームやアプリストアのダウンロード画面を表示する領域で構成されている。そのため、動画広告を視聴しながら、同ページ内にて申し込みやアプリインストールを行うことができる。これにより、ページ遷移による離脱を減少させ、広告効果の最大化に貢献する狙いだ。

MarkeZine編集部[著]