福士蒼汰が自身初となる悪役を披露する!/[c]沙村広明/講談社 [c]2017映画「無限の住人」製作委員会

写真拡大

主演・木村拓哉×監督・三池崇史のアクション大作『無限の住人』(4月29日公開)。16年1月上旬に京都・太秦の撮影現場で、福士蒼汰、戸田恵梨香にインタビューを実施した。

【写真を見る】本格的なアクションに初めて挑んだ戸田恵梨香/[c]沙村広明/講談社 [c]2017映画「無限の住人」製作委員会

今回、福士が演じるのは、国中のあらゆる剣術の流派統一を目指す逸刀流の統主・天津影久。凜(杉咲花)の両親を死に追いやった張本人で、復讐のため凜に雇われた不死身の用心棒・万次(木村)に命を狙われる。

取材当日、現場では監督から福士に「もっと暴力的に、そして美しく」と声がかけられていた。好青年のイメージが強い福士にとって、初の悪役となる。「撮影中に意識しなくても自然と美しくいられるように、クランクインする前から所作の指導を受けていました」

「そのなかで先生から及第点をいただくことができたので、現場では暴力的な部分の天津を大きく出そうと思いながら演じていました。天津は作品としては悪役ですが、自分自身は悪役ではなく善だと思って演じました。彼には逸刀流の統主としての意志があり、それを貫いているので、僕から見れば主人公。でも作品の中では悪なので、どう見られるのか?ということは楽しみですね」

一方、戸田が演じるのは、遊女であり、天津に次ぐ実力を持つ逸刀流の女剣士・乙橘槇絵だ。槇絵はヌンチャクと長刀を組み合わせたような武器を駆使し、万次と死闘を繰り広げる。戸田は槇絵について、「原作に“舞い”と書いてあったので、“舞い”を大切にやってきました。槇絵は逸刀流の中でも強い剣士。でも同時に彼女はずっと苦しみを抱えている。彼女のか弱さや儚さを体現したいと思っています」

万次役の木村との共演について、福士は「最初はすごく緊張しました。現場にいらっしゃる姿を見て、身が引き締まるというか…。役者としても、一人の男としてもすごく学ぶところが多いと思います」と想いを語る。

本格的なアクションが初となる戸田は、木村のおかげでアクションへの恐怖心を忘れることができたと言う。「アクションに対して無知だった私に、いろんなコツや演じ方というものを、木村さんがすごく丁寧に教えてくださったので、本当に今日までやってこれました。約10年ぶりの共演なので、恥ずかしさもありましたが、安心感をいただきましたね」

三池組への参加は『神様の言うとおり』(14)以来2回目となる福士にとって、今回はあらゆる意味で挑戦続きの日々だったようだ。「前回とは世界観もキャラクターも全然違うので、僕自身は挑戦という気持ちで挑ませていただきました」

「監督、スタッフ、キャストの現場にいるすべての方から、緊張感が伝わる気がするんです。ワンシーン、ワンカット撮るたびに緊張や不安があって、OKが出る時のうれしさや『これでいいんだ』という感覚が、自分の中で少しずつ財産になっていくことを感じられる現場というか、本当に価値のある時間だなと思いながらいつも参加させてもらっています」

三池監督作に初参加の戸田は、「三池さんの頭の中で撮りたい画が決まっているし、とても明確なので無駄がなく、本当にやりやすい環境を作ってくれる監督だと思いました。なので、安心してすべてお任せしています。出来上がりがどうなっているのか、まったく想像がつかないのですが、楽しみにしています」と監督への信頼を明かした。実力派俳優の2人が本気で挑んだアクション大作の完成がいまから楽しみだ。【取材・文/Movie Walker】