小室哲哉

写真拡大

10日放送の「マツコの知らない世界 2時間スペシャル」(TBS系)で、音楽プロデューサーの小室哲哉が、宇多田ヒカルについて語った。

番組では「マツコの知らない小室プロデュースの世界」と題して、ゲストの小室が、自身のプロデュースした楽曲のヒットの理由や、アーティストにまつわるエピソードを披露した。

その中で「小室哲哉に引退を考えさせたアーティスト」と題したテーマで小室は、宇多田の名前をあげた。1990年代後半に入り、曲作りに追い込まれていたという小室は、宇多田の「Automatic」に「新しいな!」と感じたのだという。

小室は「Automatic」のPVで、宇多田が低い姿勢で歌い続けていることに驚き、さらに「ネイティブっていうか、生まれたときから英語(で会話をしている)っていうのも聞いて、『あぁもう、これは敵わないな』」と思ったそう。

また、「Automatic」の歌詞を何度も追いかけたが、理解できなかったという小室は、「それくらい作詞の概念も変えられたてしまった」という。

小室は「とにかく、僕には『Automatic』っていうのは出てこなかった」「(発想が)出ないってこと自体、クリエイター側からすると『出てこないんだ…自分は…』」とショックを受けるとともに、大きな敗北感を抱いていたことを明かしたのだ。

さらに、宇多田の詞のハメ方や、ラジオでの自由なトークなども含め「いいなあ〜」「こんな好きしゃべっていいんだ」と、羨んだことを明かしつつ「大人になってから、この業界に入ってから、これほど『やられた感』はない」と、笑顔で語っていた。

【関連記事】
元小室ファミリーの歌手・tohkoの今 アニメやゲームソングを歌っている
小室哲哉が共演NGな芸能人を明かす「たぶん良い人だと思うけど怖い」
宇多田ヒカル 東京の育児環境に「なんて子育てしにくそうなんだろう」