画像

写真拡大 (全3枚)

 博報堂DYメディアパートナーズは、次世代メディアビジネスの事業開発を行う「スマートメディアラボ」を設置し、2017年1月から活動を開始する。

 日本国内でもIoTビジネスが本格的に始動し、ネットに接続されたモノ(スマートデバイス)上で、様々なサービスが展開され始めている。博報堂DYメディアパートナーズは、これからの本格的なIoTビジネス時代を見据え、IoTビジネスの中でもスマートメディアデバイス上で展開可能な次世代メディアビジネスに特化し、事業開発を推進していく「スマートメディアラボ」を設置した。
IoT によるメディアビジネス開発

 「スマートメディアラボ」設置当初は、メディアビジネス開発センターが中心となって、大学の研究機関も含めた社内外の最先端テクノロジー関連セクション・企業と連携し、次世代メディアビジネスを創造するためのソリューション開発を行う。その上で博報堂DYグループが保有または利活用可能な様々なデータとソリューションを掛け合わせることで、次世代メディアビジネスの開発を行う予定。
ソリューションおよびメディアサービス開発(イメージ)

MarkeZine編集部[著]