ハリルホジッチ監督

写真拡大

 FIFAは10日、スイスのチューリヒで開いた理事会で、26年W杯の出場チーム数を現行の32から16チーム増やし、48に拡大することを決めたと発表した。これを受けて日本代表のハリルホジッチ監督は「サッカーは世界的にどんどん高いレベルでプレーされるようになっている。W杯拡大は筋の通ったアイデアだ」と歓迎した。

 1次リーグが各組4カ国から3カ国になるが「勝利がより重要になる。特に大会初戦への臨み方が変わる」と予想。最終戦で対戦する2チームが望む結果を得ようと共謀する可能性もあり「現実的に難しいところもある」と課題も挙げた。

 日本への影響については「日本が1次リーグを突破し、W杯の3試合目で決勝トーナメントを戦えれば、かなり面白いことになる」と利点が大きいとした。