パリで大散財した伝説の日本人男性とは?

写真拡大

 戦前の大富豪たちは、今では考えられないほどのスケールでカネを稼ぎ、そして使いまくっていた。彼らは、世界と伍していくために邁進していく戦前の日本の映し鏡でもあった。歴史に造詣の深いライフネット生命会長・出口治明氏が監修、忘れられた大物実業家たちの軌跡を辿る。

 * * *
 1920年代のフランス・パリで、現在の価値にして800億円とも言われる金を使い、社交界で名を馳せた日本人がいた。

 その男の名は薩摩治郎八。東京の木綿問屋の三代目として生まれ、祖父の代から一族が築き上げた金の全てを湯水のごとく浪費した彼は、“東洋のロックフェラー”“バロン薩摩”と呼ばれた。

 1901年生まれの治郎八は、19歳でイギリスのオックスフォード大学に留学。20歳からパリで暮らし始め、現地の多くの芸術家と交流を持った。とりわけ藤田嗣治を筆頭とした日本人画家のパトロンとして知られる。

「1920年代のパリは日本人ラッシュで、その数は3000人に上ったと言われています」

 そう語るのは薩摩治郎八の評伝『蕩尽王、パリをゆく』の著者・鹿島茂さんだ。

 ときは第一次大戦後のヨーロッパ。フランスの国力の衰えによって、通貨フランの下落が起こった。一方、大戦による好景気に沸く日本は数多くの成金が生まれていた頃で、財閥の御曹司や画家がこぞってパリを訪れ始めたという。

 なかでも薩摩治郎八はフランスの社交界に入り込み、そこで豪快な散財を続けた稀有な日本人であった。

「社交界は大金持ちと大貴族の閉じられた世界。誰を入れて誰を排除するか、という見えざる文法がある場所です。幸い治郎八は、一時は画家を目指そうとしただけに芸術の世界に造詣が深かった。藤田嗣治らの伝手を頼って、文化経由で社交界に入っていったのです」(鹿島さん)

 鹿島さんは薩摩治郎八について、〈ただひたすら金を蕩尽したことによってのみ名を残すという「奇跡」を演じた男〉と評している。彼が当時ほかにも多くいた「金持ちの御曹司」や「成金」たちと一味違ったのは、自らが一切の創作活動や絵画などのコレクションを行なわず、ただただ「金を使うこと」によって自己表現をしたことだった。

 例えば、治郎八はパリの社交界にデビューするに当たって、華族の出身である妻・千代子を「プロデュース」していく。彼は妻のために純銀製のクライスラーを注文。その特注自動車は当時のパリでも傑出した豪華さで、カンヌの「自動車エレガンス・コンクール」でグランプリを受賞したほどだった。彼は妻の服装や宝石に無尽蔵に金をかけた。

「治郎八はジャポニズムと西洋をミックスして妻を『作品』に仕立て、高級紙の一面を飾るほどのモード界のセレブに変えていきました。自分に創作面での才能がないことを悟った彼にとって、『消費』そのものによる自己表現であったのでしょう」(鹿島さん)

 社交界で名を売った上で手掛けたのが、藤田嗣治に代表される日本人画家のパトロンになることだった。

「パリでは家柄のない金持ちは、どこかでパトロナージュをやらないと箔がつかない。日本人画家の展覧会を開いたり、多くの芸術を支援したりしていく彼の蕩尽の日々には、消費によって自分の名を歴史に残そうという強い意志すら感じます」(鹿島さん)

 治郎八がパリで豪遊の限りを尽くしたのは、1922年からの約10年間である。そのなかで彼の蕩尽が頂点を極めたのが、1929年のパリ国際大学都市における「日本館」の建設だ。

 関東大震災の影響で資金が調達できなかった日本政府に対し、治郎八は現在の価値で総工費40億円にも上る費用を出して豪華絢爛な日本館を建造。各国の大使・公使1000人を招待した開館式では、フランスの大統領と首相の前で演説した。その夜の大晩餐会の豪奢さで、彼は自身の「伝説」をさらに一つ増やした。

 そのような治郎八の大散財が終わるのは1930年代。使い続けた金はついに底をつき、実家の商店も閉鎖に追い込まれる。そして戦後の1951年、無一文になって帰国。千代子はすでに他界していた。

 だが、治郎八は雑誌にパリでの生活を書くなどして生活の糧を得ながら、決して暗くない人生をその後も送ったようである。

 浅草に住み着いた彼はストリップ小屋の常連となり、昭和56年に浅草座に出演していた真鍋利子と再婚。晩年は74歳で亡くなるまで彼女の郷里である徳島に暮らした。

「潔く破産することの快楽を、治郎八は感じていたのかもしれません」(鹿島さん)

※週刊ポスト2017年1月13・20日号