絶対に言ってはいけない! 夫婦の間の禁句・5つ

写真拡大

夫婦にはそれぞれ、いろいろなルールがあると思います。暗黙のルールもあれば、結婚する際に、きちんと話し合って「これだけはやめよう」「お互いに気をつけよう」と約束しているものもあるかもしれません。ところで、夫婦間で「これだけは言っちゃダメ」と禁句扱いされている言葉には、どんなものがあるのでしょうか? 既婚男性たちに、そのルールを聞いてみました。

■見た目が悪い

・「相手の見た目の悪口は言わないこと」(34歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「体型のことや容姿のこと。コンプレックスに感じてることかもしれないから」(28歳/医療・福祉/専門職)

外見の短所、特徴は本人が一番よくわかっていて、一番気にしていること。コンプレックスを指摘し、傷つけるようなことを平気で言うようでは、夫婦として、良好な関係は築けません。

■出ていけ!!

・「出て行けと言ってしまうと、出て行ったときに取り返しのつかないことになるから」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「家から出てけとは言わない」(31歳/情報・IT/技術職)

こういセリフは主に男性のほうが言うのでしょうね。自分が家賃を払っている、家主は自分だ、という意識が強いからそう言ってしまうのかもしれませんが、ひとりで家を守れるとでも思っているのでしょうか……。

■離婚

・「離婚というワードは言ってはいけないと思う」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「離婚するとばかり言うこと。結局、離婚しない」(38歳/機械・精密機器/技術職)

いくらケンカしてヒートアップしたとしても、「離婚」をちらつかせるようなことはしてはいけませんよね。本気で離婚しようと思っていない限り、安易に口にしてはいけない言葉です。

■結婚しなければよかった

・「結婚しなければよかったとか、結婚自体を否定するような言動」(35歳/自動車関連/技術職)

・「お前と結婚しなければよかった。今までの生活を否定することになるから」(30歳/医療・福祉/専門職)

自分のパートナーに「結婚しなければよかった」と言われたら……男女どちらの立場だったとしても、大いに傷つくでしょう。愛している相手を傷つけるべきではありませんよね。

■俺の稼ぎで……

・「夫は、自分の稼ぎだ! と強調しない。妻は、夫の仕事に評価をしない」(39歳/自動車関連/その他)

・「専業主婦の妻に対して、こっちも疲れてるんだし働け的なこと」(26歳/その他/その他)

家事を妻に丸投げしていることを棚に上げて、自分ばっかり働いているような言動をする男性はいつの時代にもいるものです。家事の大変さがわかっていない男性や、女性蔑視の傾向がある男性ほど、こういうことを言うのでしょう。

■まとめ

夫婦間での禁句は、たったひと言でも口を滑らせただけで、夫婦関係が破たんしてしまう可能性があります。でも、相手への思いやりを常に持っていれば、そんなセリフは間違っても言わないはず。過ちを犯さないためにも、思いやりを忘れたくないですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:152人(23歳〜39歳の既婚男性)