【ニッポンの名車】FFスポーツの革命児! ホンダ・インテグラ タイプR(DC2)

写真拡大 (全9枚)

「FFはアンダーステア」の常識を覆したシャープなコーナリング

インテグラタイプR(DC2)は、大げさでなくFFスポーツに革命を起こした1台だ。1995年に、3代目インテグラ(DC1)の派生モデルとしてタイプRがデビューしたとき、たまげたことを覚えている。「ホンダの本気」、「メーカーの本気」ってこれほどなのかと驚いたのだ。

「タイプR」というグレードはDC2がデビューする3年前、1992年にNSXが先行していたが、あっちは1045万円のフラッグシップモデル。インテグラベースで、どこまでタイプR化しているのかと思ったら、ベースモデルとはエライ違いようだった。

一番衝撃的だったのは、とにかくよく曲がること。それまでFFスポーツ=アンダーステアというのが定番だったのに対し、DC2はシャープに曲がる。下手な後輪駆動車よりもずっと気持ちよく曲がるセッティングになっていたので、FF嫌いな連中も思わずビックリ。

そしてエンジン。ベースのB18Cエンジンが、すでにリッター100馬力を達成している高性能エンジンだったのに、そのレブリミットを400回転上げて8400回転まで回し、圧縮比も10.6から11.1までアップ。ポートの段付き修正を手作業で行う(初期型)などの手を加え、NA(自然吸気)1.8リッターの市販車で、200馬力の大台に乗せてしまった。

カムカバーに赤の結晶塗装が施されたこのスペシャルなエンジンは、パワーだけでなく気持ちよさも抜群。1060圓侶變魅椒妊と相まって、ターボ車にも引きをとらない動力性能を持っていた。

タイプR用の新開発パーツは60点にも及ぶ

シャーシも徹底的にチューニングされ、ボディ各所の板厚を増してあるほか、パフォーマンスロッドも各部に追加。剛性アップ等のために25圓僚杜盟があったにもかかわらず、トータルでは65kgの軽量化を達成している点にもホンダの本気度がうかがえる。

足回りも車高をベース車よりも15ミリ下げ、スプリング、ダンパー、スタビライザーをそれぞれ強化。ヘリカルLSDも標準装備となり、ダンパーマウントやエンジンマウントまで強化タイプに変更され、タイプRに新たに開発されたパーツの総数は、大小60点にも及ぶ。

内装にレカロシートやモモのステアリング、チタンシフトノブまで用意され、赤いホンダのエンブレムが、じつに誇らしげであった。これらは部品の共有化が命題の開発関係者にとっては異例のこと。

このDC2は、1998年に後期型の「98spec」が登場し、2001年まで生産され、4ドアモデルのDB8とともに人気を博し、他メーカーのスポーツモデルからインテRに乗り換える人も多かった。今でも、中古車の平均価格が100万円を下まわらない。

もうひとつ特筆できるのは、このDC2・DB8が、新車開発時から「タイプRありき」として誕生したのではなかったこと。

ホンダの社内で、「せっかくいいベース車(DC1)があるのだから、これにレーシングカーのテイストを盛り込んだ、ドライビングプレジャー溢れるホットなクルマを作ってしまおう」という流れが生まれ、まさに「メーカー純正のチューニングカー」という表現がぴったりのクルマ。

こうしたクルマは、今のクルマにはちょっと見当たらないし、これからも希少性は増すばかり。長く愛し続けられるように、ホンダには補修部品の製造廃止を行わないよう、強くお願いしたい1台だ。