寝る前に布団に入る瞬間の、あの寒さ冷たさは、昔ながらの道具で解決できます。「湯たんぽ」です。近年見直されている「湯たんぽ」の良さは、就寝中の喉の乾燥を防ぐ他、冷え込みの厳しい夜の入眠の助けとなる点です。

パール金属の『アルミ 湯たんぽ ボトル型』は、必要な湯量が約900ccと従来の平型湯たんぽ(平均湯量2リットル)の半分以下で済みます。また、ボトルのサイズは500ccペットボトルを一回り大きくした程度で、使用しない季節には収納スペースにも困らず、省コスト省スペースの湯たんぽといえます。

170110_yutanpo_02.jpg


本体はアルミニウム合金です。ボトルを立てたままお湯を入れられますが、本体はかなり熱くなりますので、必ず鍋つかみ等を使用し火傷には十分お気をつけください。

湯たんぽを布団に入れる際、ボトルを倒すことになりますが、この時心配になるのが「お湯漏れ」ですよね。そこで、注目したいのはキャップ部分です。このキャップは重量のある真鍮製で、シリコンのパッキンが付属しています。真鍮の重さとシリコンの密着性で、お湯漏れの心配がないというわけです。

なお、使用中の低温やけどを防ぐため、別売りの専用ケースや厚手のタオルなどで包んでから、布団の中に入れるようにしましょう。


170110_yutanpo_03.jpg


使用後キャップを開ける際ですが、熱いお湯を入れた時とお湯が覚めた状態では、ボトル内の圧力も変わるため少し力が必要になります。キャップ部分にステンレス製の取っ手がありますので、グリップの効くものでつかめば難なく開けられます。

筆者の場合ですが、就寝時のほか下半身の冷え対策としても使用しています。イスの脚とぶつからない位置にバスタオルを敷いて『アルミ 湯たんぽ ボトル型』を間に挟み、足先を温めるために使用しています。

湯量が少なくて済む湯たんぽであれば、気軽に暖を取れるアイテムとして、冬の様々な生活シーンで重宝することでしょう。


アルミ 湯たんぽ ボトル型|パール金属

(藤加祐子)