写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Cypress SemiconductorとVerizon Communications(ベライゾン)は1月5日(米国時間)、ラスベガスで開催されたCES2017において、エンド・ツー・エンドのセキュリティが確保されたワイヤレス接続ソリューションをIoT開発者向けに提供すると発表した。

同ソリューションは、Cypressの開発プラットフォーム「Wireless Internet Connectivity for Embedded Devices(WICED)Studio 4」からベライゾンのソフトウェア開発キット「ThingSpace」を利用できるようにするもので、これによりWICEDを利用する開発者はベライゾンのThingSpaceへのクラウド接続が単一の開発環境内で行えるようになる。

なお、同ソリューションは2017年第2四半期中に販売を開始する予定だという。

(小林行雄)