今年大注目の一作!(画像は海外版『美女と野獣』公式Twitterのスクリーンショット)

写真拡大

 ディズニーの名作アニメを実写化した新作映画『美女と野獣』(日本公開4月21日)から、新たなポスター画像が海外版の映画公式Twitterにて公開され、イアン・マッケラン(時計のコグスワース役)、ユアン・マクレガー(燭台のルミエール役)、エマ・トンプソン(ポット夫人役)ら豪華キャストたちの“人間の姿”が初披露された。

 『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンふんするヒロイン・ベルをはじめ、ベルと恋に落ちる野獣(ダン・スティーヴンス)、悪役ガストン(ルーク・エヴァンス)らの姿はすでにお披露目されていた。

 今回公開されたポスターでは、彼らに加え、置き時計のコグスワース役イアン、燭台のルミエール役ユアン、ポット夫人役エマ・トンプソンといった人気キャストたちの“人間の姿”が初めて写し出されている。なかでも、野獣のすぐ下あたりで手をこちらに向けるようなポーズをするルミエール役のユアンは、一目では認識できないほどの変貌っぷりだ。

 メガホンを取ったのは、『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督。エマの美しい歌声にも期待が高まる一作だ。(編集部・石神恵美子)