大好きなジェラート店が閉店で…(出典:http://metro.co.uk)

写真拡大

好きな食べ物を口にする幸福感というのはたまらない。特別な日に大好きなものを食べるということを習慣にしている人もいるかも知れない。でもそんな時に限って好物がゲットできなかったとしたら? ある人は不満をSNSにぶつけ、ある人は店に苦情を言うかも知れない。ところが、豪メルボルンにある人気ジェラート店には、想像の斜め上を行くボイスメールが残されていたという。

英紙『Metro』が伝えたところによると、オーストラリアを拠点とするジェラート店「Gelato Messina(ジェラート・メッシーナ)」は、メルボルンでもオージーたちに大人気のようだ。

しかし2016年12月31日の大晦日、メルボルン店は午後6時に店を閉めた。そしてこのことが、一人の女性にとって悲劇となったのである。

Facebookアカウント“Gelato Messina”に1月3日付で投稿されていたのは、悲痛な声で思いを訴える女性のボイスメールだった。女性は31日の夜、この店でジェラートを購入しようとした。彼女は毎週、この店でジェラートを購入していたようだ。しかし大晦日に限って早々に閉店となっていることを知り、大きなショックを受けた。

そんな思いを店の電話にボイスメールとして残したのだが、その内容がFacebookで公開されると7,700の「いいね!」と1,700のシェアが寄せられ、閲覧数は38万回、コメント数はなんと6,300件にも上った。

店のPR用に作ったいわゆる“ヤラセ”だと懐疑的になるユーザーに“Gelato Messina”は「本当だ」と主張しているが、残されてあった女性のボイスメールはこのようなものであった。

「大晦日の夜6時に店を閉めるなんて、本当に申し訳ないと思っているの? 本当に本当に、申し訳ないと思うべきよ。あなたは私の大晦日の夜を台無しにしたわ。私は今夜も、毎週しているように1リットル半のジェラートを購入する予定だった。ソファに座って、ジェラートを食べながら『もう二度とジェラートは食べない』って誓って、新年を新たな気持ちで迎えようと思っていたのよ。なのに閉店しているだなんて。店が閉まっていたら、当然だけどジェラートが食べられないじゃないの。私の『もう食べない』っていう決心がこんな形で実現されるなんて、本当に、本当に、腹立たしいわ。」

高カロリーなジェラートが大好きなこの女性は、おそらく毎年のように『今年はもう食べないぞ』と決心するのだろう。しかし結局は毎週買ってしまう…それほどこの店のジェラートは美味しくてやめるのが難しいに違いない。毎年の恒例行事ともいえるジェラートを食べての年越しが今年に限ってできないことに、女性は震える声でため息とともに怒りをボイスメールに残している。

「私はMessinaと特別な関係を築いているのよ。人生で辛かった時に、いつもMessinaに慰められてきたの。楽しかった時にもいつもそばにあったわ。結婚した時にもMessinaの4種類のジェラートを食べたのよ。とても美味しかった。大晦日だって新年を祝うためにジェラートを食べたかったのに、閉店になっているなんて…。とっても辛い1年だったから、今年最後の日にジェラートを食べたかったのよ…仲の良かった友人に失望させられたって感じ。」

しかし、悲痛な声で苦情を一通り述べた女性は「前向きに生きるわ」と一言。最後には、まるで愛する人との永遠の別れを告げるかのような声で「さよなら。愛しているわ」と囁くように告げている。たかがジェラート、されどジェラート。なんとこのボイスメールには2分弱にわたって女性の怒りと悲しみのメッセージが収められていた。

これを聞いたユーザーたちからは「そんなにジェラートが好きなら他の店へ行け」「ここまで大好きならもう一生、この女性にジェラートをタダで食べさせてあげなよ」「今まで聞いた中で最高のボイスメールだわ」「きっと大晦日で酔っ払っていたんだよ」「店のPRだとしても最高に面白い」といったコメントが寄せられている。

出典:http://metro.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)