妻の元カレから、SNSでからまれたときの対処法・6つ

写真拡大

Twitterや、Facebookなど、SNSを活用している人も多いと思いますが、もし、パートナーの元恋人が、自分の投稿に「いいね!」をしてきたり、コメントをつけてきたら、みなさんどうするのでしょうか? 今回は既婚男性たちに、妻の元カレからSNSでからまれたときの対処法を教えてもらいました。

■妻に絡んでいるわけではないし……

・「自分が絡まれる分には関係ないからどうもしない」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

妻のほうのアカウントにその元カレが絡んでいるのなら要注意ですが、自分ならばさほど問題ない、という判断。確かに、あまり問題はないかもしれませんが、あまりいい気はしないでしょうね。

■ほかの人と同じ

・「特段気にすることはなく、ほかの人と同じだと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「特に変わったことは何もしない。普通の友だちと同じように接する。相手が昔の話を蒸し返したりして嫌な思いをするならブロックする」(33歳/情報・IT/技術職)

直接的な知り合いではないのなら、スルーか、当たり障りのない反応が無難かもしれません。お互いをよく知っているのなら微妙なところですが……。

■ラブラブをアピール

・「現在の彼女とのラブラブをアピールをしてやる」(29歳/情報・IT/技術職)

もし、その人物が少しでも2人の関係に水を差そうとしているのであれば、ラブラブアピールで撃退するのは効き目がありそうです。未練がましくまとわりついてほしくはないですからね。

■無視!

・「気づかないふりというか、相手にしないで無視を決め込むのが間違いないと思う」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「無視します。変にそれに関して問いただされたくない」(30歳/商社・卸/営業職)

妙にからんできたり、不快な質問をされたりしたら、無視するに限ります。相手にされないことを察したら、相手も身を引くかもしれませんからね。

■とりあえずブロック!

・「とりあえずブロックして関係を持たない」(25歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「ブロックするかブロックができなければやめる」(32歳/商社・卸/営業職)

どうしてもこれ以上関わりたくない! というのであれば、思い切ってブロックするのがいいでしょう。SNSでわざわざストレスを感じる必要はありませんからね。

■メッセージで文句

・「その元カレをブロックするか、メッセージで文句を言う」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「どういうつもりなんですか?」といきなりケンカ腰でいかないにしても、ちょっと相手がどういうつもりでからんできたか気になるときは、メッセージを送ってみるのも手。ストレートに聞いたら、相手もひるむかもしれません。

■まとめ

SNSはお手軽にいろいろな人とコミュニケーションが取れて非常に便利ですが、時には、からみたくない相手にからまれてしまうこともあります。そういうときは、冷静に対処して、間違っても相手がネットストーカーなどにならないように気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:152人(23歳〜39歳の既婚男性)