写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するアクションフィギュア「ROBOT魂」シリーズの「ver.A.N.I.M.E.」より、「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MSM-07 量産型ズゴック ver. A.N.I.M.E.」が、2017年5月に発売される。価格は5,940円(税込)。

「ver. A.N.I.M.E.」はアニメ的な「プロポーションの再現」と劇中アクションを可能にする「新可動構造」、さらに立体の密度感とメカニック感を演出する「ディテール」を最新の技術で実現した「ROBOT魂」の新たなシリーズ。造形はもとより、新規ギミックやエフェクトパーツによる演出で人気を博している。

劇中では水陸両用MSとして豊富なアクションを披露してきた同機だけに、「ver. A.N.I.M.E.」では可動域と多彩なエフェクトパーツでさまざまなシーンが再現可能となっている。肘・膝関節の可動検証を重ね、圧倒的な可動範囲を実現したほか、股関節部に形状と可動を両立するスプリングを内蔵しているため、可動に合わせてパンツ形状が変化。これにより躍動感あるポージングが楽しめるようになっている。

オプションパーツには頭部6連装ミサイル発射エフェクトや胸部ダクトエフェクト、さらにビーム・サーベル斬撃エフェクトなど、量産ズゴックの印象的なシーンを再現できるアイテムが同梱されている。

(C)創通・サンライズ