冷え性の女性は冬のオフィスも大変!「会社での冷え対策」

写真拡大


執筆:井上 愛子(保健師、看護師)
医療監修:株式会社とらうべ


寒い冬はもちろん、冷房が効いている夏にも、手足が冷えるということはありませんか?

とくに暑がりの男性社員がいる職場では、エアコンの設定温度が低く、冷え症の女性が困っているという問題は珍しくありません。


会社での効果的な冷え対策について知りましょう。

冷えは健康の大敵!

冷えることは、健康にとっても美容にとっても大敵です。

そもそも、手足の冷えだけでなく、最近では年齢を問わず平熱が35℃台と、体温が低い人も少なくありません。

身体全体の体温が低いと、免疫力が低下して風邪やアレルギー体質や生活習慣病にもなりやすいなど、健康と直結する問題が多くあります。さらに、基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくく太りやすい体質になったり、便秘や下痢など腸内環境が悪くなることでお肌のコンディションも乱れてしまいます。

またとくに会社でデスクワークをしている場合は、1日のほとんどを椅子に座って過ごすことになります。

身体を動かす機会が少ないと、とくに身体の末端にある手足が冷えて血液の流れが悪くなってしまうのです。

血行不良は肩こりや頭痛、身体のだるさを招いたり、足のむくみ、目の下のくまや肌荒れなども引き起こします。会社での冷えを克服して、身体の悩みも解決しましょう。

足から血行改善

血液の流れが滞りやすい足は、会社にいる時にもとくに冷えやすい部分です。日頃の運動不足で足の筋力が低下していると、血管のポンプ機能が衰え血行不良に陥りやすくなります。

また仕事中、座りっぱなしや立ちっぱなしになっていることも、冷えの大きな原因です。

まず、デスクワークの場合は、座った状態でも定期的に足首の曲げ伸ばしをしたり、太ももを交互にあげる、といった体操を取り入れてみましょう。


立ちっぱなしの時間が長い人は、かかとをあげて背伸びをする体操を行ってみましょう。まずは10回程度、一日に数セット行うと、ふくらはぎの筋力アップや血流の改善に効果的です。

環境が許せば、休憩室などで足裏のマッサージをしたり、昼食を兼ねて少し離れたお店まで歩くこともおすすめ。足の血行が改善すると血のめぐりが良くなり、辛い末端の冷えだけでなく、全身の冷えも改善させることができます。

身体の内側と外側から温める

会社での冷え対策には、日頃の食事を見直して身体を内側から温めること、また便利なアイテムを使って外側から温めることも大切です。

夏はとくに、冷たい飲み物やアイス、生野菜などを摂りたくなりますが、これらは身体を冷やしてしまいます。夏でも常温の水や温かいのみものを摂るように心がけましょう。

また、身体をあたためる効果のある根菜類、生姜、熱を作るために必要な肉・魚・大豆等のタンパク質を積極的に食べるようにします。さらに、オフィスで体を冷やさないためには、上着やひざかけなどを使用して、適切に温度調整できるよう準備しておくことも必要です。

首、手首・足首、くびれ、など、身体の中でも名前に「くび」が付く部分は、とくに冷やしてはいけないと言われます。

靴下やネックウォーマー腹巻などを活用すると、冷え対策に加えて、血流の改善、こりの予防にも効果的です。身体を締め付ける服も、血流を悪くし、身体を冷やしてしまうため、窮屈でない服を選ぶようにしましょう。

生活習慣も重要

いくら対策をしても、なかなか身体があたたまらない、という場合は、日頃の生活習慣が身体の冷えを招きやすくしている可能性もあります。

たとえば、お風呂はシャワーだけで済ませているという人は、身体の深部が温まらず、睡眠の質も低下しがちです。湯船にゆっくりとつかって全身を温めることが、血流の改善や冷えの予防につながります。

またストレスや睡眠不足も冷える原因のひとつ。

疲労が溜り、自律神経のバランスが乱れると、身体の体温を調節する働きも鈍くなってしまいます。1日の中で、リラックスできる時間や十分な睡眠を確保するようにしましょう。


多数の人がいる会社内での温度調節は、なかなか自分に合わせることが難しいかもしれません。

生活習慣の見直しとともに、エクササイズや身体を温める方法を取り入れ、健康と美容の大敵である冷えを予防しましょう。


<執筆者プロフィール>
井上 愛子(いのうえ・あいこ)
保健師・助産師・看護師・保育士。株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン


<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供