21歳頃の平愛梨とAKINA

写真拡大

昨年末にサッカー日本代表の長友佑都選手と婚約会見を行い、今月29日に入籍を予定している平愛梨が、事務所の先輩で、歌手・タレントとして活躍しているAKINAへの思いをブログで綴り、2ショット写真を披露した。

平祐奈、姉・平愛梨との2ショット公開に「さっすが、美人姉妹」の声

この日、平は「AKINAさん…」というタイトルでブログを更新。深夜に眠りにつけず、妹・平祐奈のブログを読み始めたのを皮切りに、次々とページをクリック。いつの間にか、AKINAのオフィシャルブログにたどり着き、そこにAKINAが記した自身への思いに、「深夜だょ…。泣けてきた…。目が腫れてしまう!!」と、1つ年下ながら事務所の先輩であるAKINAと初めて会った時のことなどを明かした。

平は14歳の時に兵庫県明石から上京したそうで、「事務所の寮に行った時、AKINAさんが玄関にいらっしゃいました!! 沖縄出身のダンスボーカルユニットFolderのAKINAさんを知っていた私は大緊張し大感動しました!! 今でもその時の感動は忘れてない」と記すと、「『AKINAさんて!! こんなに小さい人なの? 顔も手も小さい!! なのに目おっきぃ!!』と14歳ながら私は思ったのです」と続けた。

「同じ寮で同じ中学校。レッスンも家庭教師も一緒。六本木まで整体一緒に行った事もある!」と当時を振り返ると、「厳しいレッスンに心が折れそうになった時、一緒に泣いた事もある。私、色んなAKINAさんを知ってるし私の事も知ってくれてる。どんなAKINAさんも素敵で、ある時、AKINAさんを『素敵女子』というキャッチフレーズを付けました」とコメント。

さらに、AKINAの魅力を書き連ねると、「ダメだ。キリがない」「出逢って17年!! やっぱり素敵女子」「まだまだ教わることたくさん! いつまでも私の先輩」と親愛の言葉を記した。

また「背丈が同じということからユニット組んでデビューする!と言われたこともあり1日6時間スタジオで練習したこともありました」と明かすと、21歳頃の2ショット写真も披露。

ほかにも、AKINAの写真集発売記念イベントに本人に内緒で並んだ際の2ショット写真や、自身の写真集発売記念イベントに、AKINAが夫・ビビる大木と内緒で並んでくれたときの2ショット写真も公開。

ファンからは「美人ユニット『素敵女子』見たかったなぁ」「先輩っていうか 盟友って感じだね」「素敵な先輩ですね」「AKINAさんへの想い、伝わってきました!とってもステキですね〜!」といったコメントが寄せられている。