女子高校生を買春し、みだらな行為を撮影してインターネットで配信したとして、福岡県警は、住所不定、無職久保田彰容疑者(54)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春、提供目的製造)容疑で逮捕、追送検したと10日発表した。「金を稼ぐためにやった」と容疑を認めているという。

 2013年以降、18歳未満の少女とのわいせつな行為を撮影した動画など約90点を動画投稿サイトにアップし、視聴した利用者から約1400万円を得ていたと県警はみている。

 筑紫野署によると、逮捕、追送検容疑は13年12月〜14年8月、当時16〜17歳の少女8人に現金3万〜5万円を渡してわいせつな行為をし、その様子をネット配信する目的で撮影して児童ポルノを製造したというもの。同時に複数の少女を撮影していた疑いもある。

 押収したパソコンからは、約1万4千点のわいせつな動画や静止画が見つかり、久保田容疑者は「過去に30人ほどに同じような行為をした」と供述しているという。出会い系アプリや別の少女からの紹介で知り合っていたという。

 被害生徒の母親の一人が、娘の動画が投稿されていることを知人に知らされ、署に相談。少女に事情を聴くなどして久保田容疑者が浮上したという。(宮谷由枝)