不快な行為の被害者となったエムレ・ジャン

写真拡大

リバプールのエムレ・ジャンがこれまでにないくらい不快な妨害行為を試合中に受けた。FAカップのリバプール対プリマス戦で、プリマスの選手がエムレ・ジャンの脇をまさぐり、耳に指を入れたのだ。

この不快な行為をしたのは、前年夏にプリマスに加入したセンターバックのソニー・ブラッドリーだ。
ちなみにこの一戦は、リバプールが4部相当に所属するプリマスと引き分けるという驚くべき結果となった。

90分の試合で得点を決めることができなかったリバプールは再びプリマスと対峙しなければならない。監督クロップはこの一戦で多くのカンテラ選手と補欠選手を起用しており、チームの平均年齢はわずか21歳だった。

リバプール以外の強豪クラブは全て勝ち上がっている。リバプールは1月18日(水)に2度目のプリマス戦を敵地で戦う。


外部サイト