『バイオハザード:ザ・ファイナル』

写真拡大

12月23日の公開以来、2週連続で興収トップとなっていた『バイオハザード:ザ・ファイナル』が、公開3週目となる週末土日2日間(1月7日、8日)でも興収2億8602万6500円を記録し、興収ベースで3週連続トップに輝いたことがわかった。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』ミラ・ジョヴォヴィッチ インタビュー

観客動員は18万5685人で、1月9日までの18日間の累計興行成績は、動員226万2161人、興収33億3652万1400円となっている。

この3連休の客層は、20〜30代中心の男性が圧倒的ながらも、若いカップルから年配層まで、引き続き幅広い年齢層が劇場を訪れている。興収全体におけるローカル地区のシェアは72%と依然高くなっており、全国的なヒットが拡大中だ。

また、1月9日までの興収は、前作『バイオハザードV:リトリビューション』の113%と、前週から引き続き好成績をキープしている。この週末の興行成績の内訳は以下のとおり。次週の成績にも注目だ。

【成績内訳(1月7日〜9日)】
■1月7日(土):動員7万6125人/興収1億1610万2000円
■1月8日(日):動員10万9560人/興収1億6992万4500円
■1月9日(月・祝):動員9万1794人/興収1億3334万6400円
■土日月3日間合計:動員27万7479人/興収4億1937万2900円