写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは10日、音楽ライブなどのイベントの映像を、イベント会場を訪れた人だけが購入して視聴できる新サービス「PROJECT REVIEWN (プロジェクト レビューン)」を立ち上げた。1月14日に大阪城ホールで開催される「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA」にてサービスを初導入する。

PROJECT REVIEWNは、イベント会場限定の映像販売プラットフォームサービス。参加したイベントに関連する映像コンテンツをイベント会場で購入し、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にダウンロードして視聴できるというもの。

イベント会場の指定エリアに入ると自動で「PROJECT REVIEWN」Webサイトのチェックイン画面が表示され、チェックインすることでそのイベントの関連映像コンテンツを購入する権利を得る。一度購入すれば、映像のダウンロードはいつでも行える。

視聴には、iOS・Android版の「PROJECT REVIEWN アプリ」を使用する。アプリには、Clap(拍手)機能、ユーザーの盛り上がりを可視化する「ヒートマップ機能」、お気に入りの瞬間を選べるサムネイル生成機能などを用意。著作権保護技術には「Marlin DRM」を採用する。デバイスは1つのIDで5台までの同時登録が可能だ。

サービスをはじめて導入するイベントは、1月14日に大阪城ホールで開催される「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA」。料金は、指定席が8,700円、立見席が8,000円。サービス導入アーティストは、i☆Ris、KOTOKO、鈴木このみ、茅原実里、fripSide、Minami、ミルキィホームズなど。

(リアクション)