9日、2016年に中国で劇場公開された日本映画は11本に上り、アニメ映画「君の名は。」が日本映画として歴代最高のヒット作となった。

写真拡大

2017年1月9日、2016年に中国で劇場公開された日本映画は11本に上り、アニメ映画「君の名は。」が日本映画として歴代最高のヒット作となった。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

日中関係の悪化を背景に、2006〜15年の10年間は日本映画が劇場公開されることはほとんどなかった。しかし16年には、計11本の日本映画が中国に上陸。話題のアニメ映画「君の名は。」の興行収入は1月9日現在、5億6900万元(約95億円)に。15年に公開された「STAND BY ME ドラえもん」の記録を抜き去り、日本映画としては歴代最高のヒット作となっている。

16年に劇場公開された11本のうち、興行収入が最下位となったのは「ドラゴンボールZ 復活の「F」」の1099万元(約1億8000万円)だった。とは言え、06〜15年に公開された日本映画17本のうち、最も売れた作品でも興行収入1000万元(約1億7000万円)がやっとだったことを考えると、昨年は大きく躍進したと言える。

さらにこの11本のうち、アニメ映画は9本に上り、それ以外の2本のうち、「寄生獣」は漫画を実写化した作品だった。現在、中国映画市場を支えているのは1980〜90年代生まれの若い世代であり、彼らが子どもの頃から慣れ親しんできた日本のマンガやアニメを中心に観客に受け入れられているのがよく分かる。(翻訳・編集/Mathilda)