彼に本当に愛されてる?「都合のいい女」と「いい女」の5つの違い

写真拡大

皆さんの彼氏はいつも優しく接してくれますか?

男性の態度によっては、“都合のいい女”として利用されているだけじゃないかって不安になりますよね。
でも、本当は優しいのに照れて冷たくするツンデレの男性もいるので、男性に愛されているかどうかは分かりにくいものです。

そこで今回は、「都合のいい女」と「いい女」ではまったく違う5つのポイントを皆さんにご紹介します。

●(1)デート

『本当に大切な人なら、忙しい合間に会える時間を十分楽しみたいから、美味しいお店を調べたりして、デート中どこでなにをするかをちゃんと考えることが多い』(26歳/会社員)

恋人同士の大切な時間といえばデートですよね。
そんな時も、都合のいい女といい女では扱いが違うんです。

いい女とデートする場合の男性は、行き先やお店の選択などのデートプランを工夫したり、女性の予定に合わせるなどの様々な配慮をします。

ですが、都合のいい女とデートする場合の男性は、“男女の関係”が目的なのでデートプランがおざなりになるんです。
またデートの際には女性の予定に配慮せず、男性の勝手な都合で女性の予定をキャンセルさせるなど、すべて男性の都合を優先して 決めようとするんです。

このように、気遣いのある素敵なデートをしてもらえるかどうかが、都合のいい女といい女の違いなんです。

●(2)お金のつかい方

『男はプライドが高いから、「お金がない」とははっきり言いづらいと思う。あと好きな女性にはちょっと奮発したプレゼントを贈ることもあるかな。値段がすべてではないと思うけどね』(30歳/営業)

都合のいい女といい女の違いは、男性のお金のつかい方にもあらわれます。

いい女に対して男性は、高級なプレゼントをしたり、遠くの旅行へ誘うなどお金をつかうことを惜しみません。

しかし都合のいい女に対しては、何事もできるだけお金をかけずに済ませようとするんです。
また、そのことについて女性が不満を漏らした際、「お金がない」と言い訳をしたら要注意。

男性はいい女に対して自分の良さをアピールしたくて必死なので、もし本当にお金がなくても、頑張って工面して 自分の経済力をアピールします。
あっさりとお金がないと発言するのは、男性にとって、その女性がどう思われても気にならない都合のいい女だからなんです。

●(3)隠しごと

『その場限りの女性に対しては、自分のことをいちいち話すのは面倒くさいと思ってしまう。後々、矛盾が生じてから説明するのも大変だし。でも本気で好きな女性には、相手のことをもっと知りたいし、自分のことも知ってほしいと思うよ』(/貿易)

女性に対する男性の隠しごとの多さは、当然、相手の女性に対する気持ちとも関係しています。
いい女に対しては、少しずつ自分のことを打ち明けていく男性も、都合のいい女に対しては違う態度をみせます。

昔のことや将来のことなど、なにを質問しても適当にはぐらかされたり、真剣に相手にされない場合は、男性から都合のいい女だと思われている可能性が高いんです。
なぜなら、男性にとって都合のいい女との関係で大切なことは、別れやすさ だからです。

深い関係になるほど、別れる際に様々な揉め事が生じるため、都合のいい女に対して、男性はプライベートなことを隠して深入りしないようにしがちなんです。

●(4)友人への紹介

『自分にとって都合のいい女は、他の人には知られたくないです。だって、不誠実に思われそうで周りからの目が怖いですからね。本当に大切な女性は、他の男にアピールして自慢したくなるんじゃないでしょうか』(34歳/事務)

いい女と付き合っている男性は、自慢したくて 友人たちに見せびらかそうとします。