写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィッシング対策協議会は10日、スマホアプリ「LINE」を詐称するフィッシングメールが出回っていることに注意を呼びかけた。

フィッシングメールでは、LINEアカウントに異常ログインがあったとして、メール内に記載されたフィッシングサイトへの誘導が促される。記載されているフィッシングサイトは、2017年1月10日17時の時点で稼働中とのこと。フィッシング対策協議会は、JPCERT/CCに対してサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。

同協議会では、フィッシングサイトにてアカウント情報 (ID・パスワードなど) を入力しないよう注意喚起している。また、LINEでも同様の呼びかけを実施。LINEから送信しているメールのドメインは「@accept.line.me」「@naver.jp」「@line.me」「@noti.naver.jp」のみとし、上記以外のドメインから送られたメールは、LINEをかたる偽メールだとしている。