今期はどれ見る? 2017年「冬ドラマ」見どころ情報

写真拡大

昨年末まで放送された10〜12月期の秋ドラマでは、内容、話題性、完成度、ともに高かった『逃げるは恥だが役に立つ』という作品が出現し、久々に活気づいた感のあるドラマ界。

<2017年冬ドラマアンケート>いちばん注目している主演男優は?

1〜3月期の冬ドラマも、注目の役者が多く揃い、内容もバラエティに富んだものとなった。
さて、今期はどれ見る?

『突然ですが、明日結婚します』 1月23日〜

フジ系 月曜9時 期待度★★★☆☆

宮園いづみの同名コミックをドラマ化。“専業主婦になりたい女”と“絶対に結婚したくない男”の2人が繰り広げるラブストーリー。

主演は西内まりや、相手役はflumpoolの山村隆太。他に、山崎育三郎、沢村一樹、中村アン、杉本哲太、岸井ゆきの、葉山奨之などが出演する。

ドラマ初出演となる山村隆太によって新鮮味が出れば、見どころも増えるかも。

『嘘の戦争』 1月10日〜

フジ系 火曜9時 期待度★★★☆☆

家族を殺された主人公が、詐欺師となって復讐を企てるエンターテイメント。

主演は草なぎ剛。他に、藤木直人、水原希子、山本美月、市村正親、安田顕、菊池風磨、マギー、大杉漣などが出演する。

2015年に放送された『銭の戦争』に続く復讐シリーズの第2弾。主演の草なぎ剛だけでなく、スタッフもほぼ同じなので、『銭の戦争』が好きだった人は引き続き楽しめそう。

『カルテット』 1月17日〜

TBS系 火曜10時 期待度★★★★★

都内のカラオケボックスで偶然に出会い、カルテット(弦楽四重奏団)を組むことになった30代の男女4人が、冬の軽井沢を舞台に繰り広げるラブ・サスペンス。

松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生が共演する。脚本は『Mother』『それでも、生きていく』『最高の離婚』『Woman』などの坂元裕二。他に、吉岡里帆、もたいまさこ、八木亜希子なども出演する。

今期、ガッツリとドラマの世界に浸りたい人にはこれがオススメ。

『ホクサイと飯さえあれば』 1月24日〜

TBS系 火曜深夜1時28分 期待度★★☆☆☆

鈴木小波の同名コミックをドラマ化。しゃべるぬいぐるみ・ホクサイと一緒に暮らしている大学生の山田文子(通称・ブン)が、アイディア万歳のD.I.Yレシピで美味しい料理をつくっていく。

主演は、映画『君の名は。』でヒロイン宮水三葉の声を担当した上白石萌音。他に、池田エライザ、前田公輝などが出演する。チーフDは『孤独のグルメ』シリーズの宝来忠昭。

食べるシーンはないが、役に立つグルメドラマになりそう。

『東京タラレバ娘』 1月18日〜

日テレ系 水曜10時 期待度★★★☆☆

東村アキコの同名コミックをドラマ化。「もし〜していたら(したら)、もし〜していれば(すれば)」と、タラレバばかりを言っていたらアラサーになってしまった独身女性の奮闘を描く。

出演は、吉高由里子、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、平岡祐太、田中圭、鈴木亮平、石川恋、金田明夫など。

水10枠らしい女性向けの内容で、アラサー俳優たちの共演が見どころ。

『レンタルの恋』 1月18日〜

TBS系 水曜深夜0時10分 期待度★★★☆☆

時間制で彼女をレンタルできる“レンタル彼女”の人気ナンバー1と、彼女に恋する男たちの恋物語。

主演は剛力彩芽。他に、大賀、岸井ゆきの、温水洋一、健太郎、原幹恵などが出演する。

客のリクエストを完ぺきにこなす剛力彩芽の彼女っぷりと、客の注文に沿って披露される剛力彩芽のコスプレに注目。疑似恋愛ならではの切ない内容にも期待できそう。

『クズの本懐』 1月18日〜

フジ系 水曜深夜1時55分 期待度★★★★☆

横槍メンゴの同名コミックをドラマ化。お互いに他に好きな人がいることを了解しながらつき合っている高校生のカップルの、一途でありながら歪んでいく恋愛模様を描く。

出演は、吉本実憂、桜田通、水田航生、逢沢りな、池上紗理依、志保、猪野広樹、吉田志織など。

深夜ドラマらしい踏み込んだ内容の恋愛ドラマが堪能できそう。

『ラブホの上野さん』 1月18日〜

フジ系 水曜深夜2時25分 期待度★★☆☆☆

「月刊コミックフラッパー」で連載中の同名マンガをドラマ化。五反田のラブホテル「五反田キングダム」のスタッフ・上野さんが、恋愛問題に悩む人たちに対して、ときにはやさしく、ときにはドSに恋愛指南していく。

出演は、本郷奏多、柾木玲弥、大沢ひかる、松井愛莉、麻丘めぐみ、聡太郎、芋洗坂係長など。

恋の悩みやトラブルを解決していくのがメインなので、気楽に見られそう。

『就活家族〜きっと、うまくいく〜』 1月12日〜

テレ朝系 木曜9時 期待度★★★☆☆

父、母、娘、息子、全員が就職活動を余儀なくされてしまった家族の姿を描くホームドラマ。

出演は、三浦友和、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加、木村多江、渡辺大、新井浩文、矢島健一、山本未來、中川知香など。

家族の崩壊から再生までを、就活(=働くこと、生きること)という切り口で描く感じ。スピーディーな展開になるようなので、意外と見やすいかも。

『嫌われる勇気』 1月12日〜

フジ系 木曜10時 期待度★★★☆☆

アルフレッド・アドラーの「アドラー心理学」を、哲学者と若者の会話でわかりやすく解説した書籍「嫌われる勇気」を、刑事ドラマにして実写化。“嫌われる勇気”をもった孤高の女刑事がさまざまな事件を解決していく。

主演は香里奈。他に、加藤シゲアキ、椎名桔平、升毅、戸次重幸、丸山智己、桜田通、相楽樹、正名僕蔵、寿大聡、飯豊まりえ、岡崎紗絵などが出演する。

テレビドラマで人間関係をわかりやすく描くには、舞台を「警察」か「病院」か「学校」にすると相場が決まっているので、設定には疑問を持たずに見ると面白いかも。

『増山超能力師事務所』 1月5日〜

日テレ系 木曜11時59分 期待度★★★☆☆

「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」などの誉田哲也による同名小説をドラマ化。決して完璧ではない超能力師たちが、探偵として依頼人のさまざまな問題を解決していく。

出演は、田中直樹、浅香航大、中村ゆり、鹿賀丈史、柄本時生、平田敦子、忍成修吾、ルウト、六平直政など。

超能力があるのに超人的ではない登場人物たちが、悪戦苦闘しながら人助けをしていく姿が見どころ。

『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜』 1月20日〜

テレ東系 金曜8時 期待度★★☆☆☆

2014年から放送されている有川浩原作のドラマ、シリーズ第3弾。還暦を過ぎたかつての悪ガキ3人組が、私設自警団を結成して、町内の平和を脅かす悪党を成敗していく。

出演は、北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎、三根梓、大野拓朗、中田喜子、藤田弓子、西田尚美、甲本雅裕など。

安心安全な痛快ストーリーを、これまでと何も変わらず見られそう。

『下克上受験』 1月13日〜

TBS系 金曜10時 期待度★★★☆☆

中卒の父と偏差値41の娘が最難関の中学を目指す、実話をもとにしたドラマ。

出演は、阿部サダヲ、深田恭子、山田美紅羽、小林薫、要潤、風間俊介、小芝風花、篠川桃音など。

ビリギャルの中学受験版のような話だが、娘が小学生なだけに、親子関係を中心としたホームドラマとして見ると楽しそう。

『お母さん、娘をやめていいですか?』 1月13日〜

NHK 金曜10時 期待度★★★☆☆

いちばんの親友であり、恋人のようでもある母と娘が、その愛情の深さゆえに泥沼の関係に陥っていく姿を、サスペンスフルに描くホームドラマ。

出演は、波瑠、斎藤由貴、柳楽優弥、寺脇康文、麻生祐未、壇蜜、大空眞弓、石井杏奈など。

脚本の井上由美子が、身近で深いテーマをどう描いていくのかに注目。

『奪い愛、冬』 1月20日〜

テレ朝系 金曜11時15分 期待度★★☆☆☆

『不機嫌な果実』のスタッフに鈴木おさむが脚本で参加するドロドロ系の恋愛ドラマ。

婚約者がいるにもかかわらず、妻帯者の元カレに心が動く主人公を演じるのが倉科カナ。嫉妬に狂う婚約者が三浦翔平。元カレは『逃げ恥』で注目を浴びた大谷亮平。その妻が水野美紀など、キャストはかなり豪華。

他に、榊原郁恵、キムラ緑子、秋元才加、ダレノガレ明美、三宅弘城なども出演する。ドロドロ過ぎて笑って見られるかも。

『バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』 1月13日〜

テレ東系 金曜深夜0時12分 期待度★★★☆☆

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人が、本人役で出演するドラマ。海外の動画サイトから出演オファーを受けた6人が、監督からの要望によりシェアハウスで共同生活を送ることになる。

演出と脚本は、映画『アフロ田中』の監督、松居大悟。6人をかき回すヒロイン役として北香那も出演する。
リアル感のある、ゆるーいコメディ作品になりそう。

『スーパーサラリーマン左江内氏』 1月14日〜

日テレ系 土曜9時 期待度★★★☆☆

1977〜78年に雑誌で連載されていた藤子・F・不二雄のSF漫画「中年スーパーマン左江内氏」をドラマ化。無理やりスーパーヒーローを引き継がされた中年サラリーマンが、家庭問題に悩みながら町の平和を守っていく。

出演は、堤真一、小泉今日子、島崎遥香、横山歩、ムロツヨシ、高橋克実、賀来賢人、早見あかり、佐藤二朗、笹野高史、中村倫也など。

演出と脚本が『勇者ヨシヒコ』などの福田雄一なので、これまでの土9枠とはちょっと違ったテイストで楽しめるかも。

『精霊の守り人II 悲しき破壊神』 1月21日〜

NHK 土曜9時 期待度★★★★☆

2016年3〜4月に全4話でドラマ化された上橋菜穂子の「守り人シリーズ」、そのシーズン2。女用心棒・バルサの活躍を描く冒険ファンタジーで、今回は全9話で放送される。

綾瀬はるか、東出昌大、林遣都、藤原竜也、木村文乃などの他、このシーズン2は真木よう子、鈴木梨央、ディーン・フジオカ、柄本明、高良健吾、鈴木亮平なども出演する。

シーズン1は原作の流れに沿って描かれたが、ここからは構成が変更されるので、「神の守り人」「虚空の旅人」「蒼路の旅人」あたりが、どうアレンジして描かれるのかに注目。

『銀と金』 1月7日〜

テレ東系 土曜深夜0時20分 期待度★★★☆☆

「カイジ」や「アカギ」などでお馴染みの福本伸行の同名漫画をドラマ化。

何事もうまくいかずギャンブルに逃げていた男が、大物フィクサーが仕切る裏社会で、巨額な金額を賭けた心理戦を繰り広げていくブラックエンターテイメント。

出演は、池松壮亮、リリー・フランキー、マキタスポーツ、臼田あさ美、村上淳など。
徹底的に悪を描いた、ごつい作品が見られそう。

『豆腐プロレス』 1月21日〜

テレ朝系 土曜深夜0時35分 期待度★★☆☆☆

AKB48グループのメンバーが本気でプロレスに挑戦するスポ根ドラマ。プロレスを嫌悪してきた普通の女子高生が、亡き父の想いを知り、プロレスの世界へ入門。“W.I.P(ワールド・アイドル・プロレスリング)”のスター選手らと死闘を繰り広げる。

宮脇咲良、松井珠理奈、横山由依、向井地美音、兒玉遥、島田晴香、松村香織、白間美瑠などのAKB48グループメンバーの他、渡辺いっけい、菅原大吉なども出演する。

AKBは日テレ系の『キャバすか学園』が終わってすぐにこのプロレス作品なので、その振り幅に注目。

『男水!』 1月22日〜

日テレ系 土曜深夜0時55分 期待度★★☆☆☆

木内たつやの同名漫画をドラマ化。都立高校の弱小男子水泳部を舞台にした青春競泳ドラマ。

松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介、神永圭佑、廣瀬智紀などが出演する。

2.5次元で活躍する若手イケメン俳優たちがこぞって出演するので、好きな人にはたまらない作品になりそう。5月には舞台版も上演予定。

『おんな城主 直虎』 1月8日〜

NHK 日曜8時 期待度★★★★☆

56作目の大河ドラマ。戦国時代、遠江の井伊家の家督を男の名前で継いだ女領主、井伊直虎の生涯を描く。

出演は、柴咲コウ、三浦春馬、高橋一生、菅田将暉、前田吟、杉本哲太、財前直見、小林薫、市原隼人、吹越満、貫地谷しほり、阿部サダヲ、菜々緒、尾上松也、春風亭昇太、浅丘ルリ子など。

波乱の運命に翻弄されながらも愛を貫いた女領主を、柴咲コウがどんな風に演じてくれるかに期待。脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』『JIN-仁-』『ごちそうさん』などの森下佳子。

『A LIFE〜愛しき人〜』 1月15日〜

TBS系 日曜9時 期待度★★★★☆

木村拓哉が職人気質の外科医を演じるヒューマン・ラブストーリー。出演は他に、竹内結子、浅野忠信、松山ケンイチ、及川光博、木村文乃、菜々緒、柄本明、田中泯、小林隆など。

欲望や嫉妬、プライドなどが渦巻く病院内のキャストがかなり豪華なので、設定には新鮮味がないけど厚みのある仕上がりになりそう。脚本は『僕の生きる道』シリーズの橋部敦子。

『大貧乏』 1月8日〜

フジ系 日曜9時 期待度★★★☆☆

権力者の欲によって、職ナシ、金ナシに追い込まれたシングルマザーが、理不尽な社会に立ち向かっていくヒューマン・コメディー。

出演は、小雪、伊藤淳史、奥田瑛二、滝藤賢一、成田凌、神山智洋、内田理央など。小雪と伊藤淳史の凸凹コンビが、さわやかな笑いを作り上げてくれそう。

ちなみに、小雪と松山ケンイチの夫婦は、日曜9時のフジとTBSで同時に出演することになる。
脚本は『大切なことはすべて君が教えてくれた』の安達奈緒子。

『視覚探偵 日暮旅人』 1月22日〜

日テレ系 日曜10時30分 期待度★★★☆☆

2015年11月にスペシャルで放送された作品を連ドラ化。山口幸三郎の小説「探偵・日暮旅人」シリーズをドラマ化したもので、五感のうち4つの感覚を失った男が、研ぎ澄まされた視覚を使って事件を解決していく。

出演は、松坂桃李、多部未華子、濱田岳、住田萌乃、北大路欣也、木南晴夏、上田竜也、シシド・カフカ、木野花、和田聰宏など。

演出はスペシャルに引き続き堤幸彦なので、同じテイストで見続けられそう。初回は30分拡大で10時スタート。