『ブレードランナー 2049』より。新人ブレードランナー“K”役を演じるライアン・ゴズリング(左)とブレードランナーのリック・デッカード役を演じるハリソン・フォード(右)

写真拡大

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編となる『ブレードランナー 2049』。世界が注目するこの映画より、新旧ブレードランナーの2ショット写真が解禁となった。

『ブレードランナー』続編の邦題が正式決定! 2017年11月公開

本作は、1982年公開のオリジナル版の舞台である2019年から30年後の2049年が舞台。前作では、まるで人間とは見分けのつかないレプリカントの暴挙を阻止する捜査官、ブレードランナーのリック・デッカード役をハリソン・フォードが演じていたが、今回新たにライアン・ゴズリングが新人ブレードランナー“K”役を演じる。30年後の世界に新たな危機が迫っており、物語は“K”が30年間行方不明であったデッカードを探すところから幕を開ける。

解禁となった2ショット写真は、新旧ブレードランナーを演じるフォードとゴズリングが肩を並べるもの。そのゴズリングは「ハリソン・フォードは自分のヒーローだ」と話すほどの大ファンで、初めてフォードを目の当たりにした時には相当緊張したという。「ちょうどセットが独特の雰囲気の霧に包まれていた時に、どこからともなくハリソンが現れたんだ。シルエットだけでも間違えようがなかったよ。僕は彼を満足させる物をつくり上げられることを心から願ったんだ」と撮影時を振り返っている。

メガホンをとるのは『プリズナーズ』『ボーダーライン』などでその才能が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。新作『メッセージ』が全米で11月に公開され、連日の賞レースでも続々とノミネートをはたし、その手腕が高く評価される彼は、撮影期間中にハリソン・フォード、リドリー・スコットと一緒に食事に出かけた際のエピソードを明かす。

「デッカードがレプリカントであるべきか、人間であるべきかという論争で、ハリソンとリドリーから集中攻撃を受けたんだ。オリジナルの大ファンとしては、この夕食の席は一生の思い出になったよ(笑)」(※この論争はオリジナル版が公開されてから34年間、リドリー・スコット監督(本作では製作総指揮)は『デッカードはレプリカントである』と主張し、ハリソン・フォードは『デッカードはレプリカントではない』と主張。真っ向から対立しており、ファンの間でも長きに渡り論争を巻き起こしてきた)。

その答えは『ブレードランナー 2049』で明らかになるのか? 同作は11月より全国公開となる。