もう無理だよっ……! 「大好きな彼」に一瞬で冷めた瞬間6つ

写真拡大

どれだけラブラブなカップルにも、「突然気持ちが冷めてしまう」というリスクは付き物です。一度離れてしまった気持ちを取り戻すのは、想像以上に難しいことなのかもしれませんね。あんなに大好きな彼氏だったけど……一瞬で愛が冷めてしまった瞬間はある? 働く女性たちの赤裸々な意見を集めてみました。

(1)言葉だけの男だった

・「タバコやめるって言っても隠れて吸っているとき。じゃあやめるなんて言わなければいいのに」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「『お前が一番』と言いながらも、こちらが連絡しない限り何週間も連絡してくれなかったとき。結局は仕事と人付き合いと自分の好きなことが優先で私は後回しなんだろうと思えて、言葉に矛盾を感じたから」(24歳/その他/販売職・サービス系)

言葉ではいいことだけを言う男性もいますよね。彼女を期待させて突き落とすのは、かなり質が悪いかも……!? 「悪いことをしている」という自覚が乏しければ、改善も見込めないでしょう。言葉よりも大切なのは行動かもしれませんね。

(2)好きなのは「自分」

・「極度のナルシシストだと気づいた瞬間。一気に冷めた」(26歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「お前の子はほしいけど結婚はしたくないと言われた」(30歳/通信/販売職・サービス系)

彼女のことが好きだと言いながら、本当に好きなのは「自分」だけなのかも……!? こんなタイプの男性は、いつまで経っても変わらない可能性大。別々の道を歩んだ方が、幸せになれるのかもしれません。

(3)本性を知ってしまった

・「彼氏が彼氏の母親に怒鳴っていたこと。親しくなったとき、自分も怒鳴られると思って別れた」(33歳/生保・損保/営業職)

・「人の悪口を言うときに『あいつ死ねばいいのに』と言っていたこと」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

まだ付き合いの浅い彼女に対して、本性を見せる男性は少ないかもしれません。しかし身近な人や目下の人に対して、思わぬ一面を見せる男性もいます。「いずれ自分も……」と考えると、冷めてしまうのも当然のこと。早めにチェックしておきたいところです。

(4)心変わりした

・「会うのが面倒になったとき。遠距離恋愛だったので、金銭的体力的につらくなった」(30歳/農林・水産/技術職)

・「ほかにいい男性が出てきたとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

こちらは、彼女のほうがきっかけで心変わりしてしまったという意見です。ほかに魅力的な男性が現れれば、気持ちは自然と移ってしまうのかも……!? 彼氏には申し訳ない気持ちになりますが、こんな状態で関係を続けるのは不可能ですよね。

(5)生理現象が許せなかった

・「いびきがうるさい。生理的に無理だから」(28歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「目の前でオナラをされた瞬間。一瞬で冷めた」(28歳/医療・福祉/専門職)

彼氏にとっては、おそらく些細なことなのでしょう。彼女の気持ちが冷めてしまうなんて、想像もしていないはずです。生理現象が「許せない!」と思ってしまった相手とは、長く一緒にいることができないですよね。

<まとめ>

少しのことがきっかけで気持ちが離れてしまうのはあること。彼女を手放したくないのであれば、彼氏にはこうした行動を避けてもらいたいところです。彼女としても、「これはちょっとね……」なんて、注意を促しておくと、改善の期待が持てるかもしれませんよ!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月21日〜2016年12月22日
調査人数:304人(22〜34歳の女性)