約8割の女子が●●! 酔っ払ってる男性からの告白は「アリ」or「ナシ」?

写真拡大

相手のことを異性として意識していなかったとしても、自分に好意を持って告白してくれるというのはうれしいものですよね。ただ、その告白のときに相手が酔っ払っていたとしたら素直に喜べない人もいそう。今回は、酔っ払っているときに告白されることについての意見を女性たちに聞いてみましょう。

Q.酔っ払っているときに告白されるのはアリですか?

「アリ」16.1%
「ナシ」83.9%

酔っ払っているときの告白も「アリ」という女性は2割弱と少な目。勝率も低そうですが、どうしてアリだと思ったのでしょう? それぞれの回答を選んだ理由を聞いてみましょう。

<「アリ」派の意見>

■お酒の勢いが必要なこともある

・「勢いがつかないと、上手くいかないときもあるから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「その勢いで言えることもあると思うので」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

お酒を飲まないと勢いがつかなくて告白する勇気が出ない人もいるだろうから、それも受け入れられる。普段のキャラが気弱な男性だとお酒で気合いを入れたのかなと好意的に見ることもできるでしょうね。

■酔うと本音が出やすい

・「酔ったときのほうが本音が言いやすいので」(31歳/その他/その他)
・「酔っ払っているときのほうが本心のような気がします」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

普段は抑えている気持ちが酔ったときに出てしまうという経験をしたことがある人もいるのでは? それを考えるとお酒を飲んでいることで、その男性の本音が引き出せたのかなと思う女性もいるみたいですね。

では、酔っ払って告白は「ナシ」という女性にも理由を聞いてみましょう。

<「ナシ」派の意見>

■お酒の力を借りるのが情けない

・「お酒の力を借りないと言えないような、情けない人は好きではないから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「多分、酔っていたらできてしまうことっていっぱいある」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

お酒を飲まないと言えないこと自体が男性として情けない。もし、つきあったとしても男性としての頼りがいを感じられなさそうだし、何かあるたびにお酒に頼るような人は男らしさもないような気がするのでしょうね。

■気持ちがこもっていない

・「気持ちが入ってないと思うから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)
・「本心や真剣さがわからないのでショック」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

お酒が入って気持ちが大きくなったついでに告白したのかと思うとショック。自分への気持ちはそんなに軽いものなのかと思うと、告白をされたとしてもOKするわけにはいきませんよね。

■記憶をなくしていそう

・「酔いがさめたときに覚えていない可能性があるのはイヤだから」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「次の日覚えてないって言われそうだから」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

人によってはお酒を飲んだときに記憶を失くしてしまうこともあるので、そんな状態で告白されても翌日に「覚えていない」と言われる可能性も。真剣に取りあってしまうと自分自身が情けなくなりそうですね。

■信用できない

・「酔っ払うような男性が嫌いだし、信用できない」(23歳/その他/その他)
・「酔いに任せて適当なことを言っているかもしれないので、本気を感じない」(33歳/不動産/事務系専門職)

酔った勢いで口にした適当な言葉としか思えないので、告白としてはカウントしない。本気で好きな気持ちを伝えたいのなら酔っているときではダメと思う女性は多いようですね。

■まとめ

お酒を飲んだときだからこその本音なのか、酔っ払っているからこその適当な告白なのか。その男性がどういうつもりなのか判断しづらいだけに、真に受けてしまっていいのか迷う女性は多いようですね。本気にして喜んでいたら、翌日には覚えていないという結果にならないための予防線として「信用しない」と思っている人もいるのかも。もし、酔った勢いで告白したとしても、後日あらためて告白という手順は必要ということを男性たちには知っておいてもらいたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数149件(22〜34歳の働く女性)