まじか、ミスった……! 結婚したくなくなる「彼女の親」・6パターン

写真拡大

どんなに好きな女性の親であっても、嫌になってしまうという人もいるのではないでしょうか? 思わず結婚を躊躇してしまうような、彼女の親の特徴について男性たちにアンケートを行ってみました。

■過干渉な親

・「なんでもなんでもかんでも干渉する親」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚について、いろいろと口出ししてくること。結婚後も干渉されそうで嫌です」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚するのは自分たちなのに、親があれこれと口出しをしてくると、疲れてしまうこともあるでしょう。結婚前から過干渉過ぎる親は、結婚後も間ちがいなくあれこれと干渉し、口出しをしてくるのではないでしょうか。

■金銭的に頼ってくるような親

・「金銭的にこちらに頼ってくる気まんまんの親だとちょっと結婚を考え直す」(26歳/通信/営業職)

・「お金にセコいまたは、お金をせびってくる親はたとえ彼女がどんなによくてもやめたほうがいい」(37歳/小売店/技術職)

家庭を持てばそれぞれ別の家族になり、家計だって別々になるのが一般的です。しかし、なにかと金銭面で頼ってくるようなそぶりを見せるような親は、結婚後にもあれこれと理由をつけてお金をせびってくることだって考えられるのではないでしょうか?

■人の話を否定する親

・「年齢に差はあれど、こちらの話をすべて否定する人」(38歳/情報・IT/技術職)

・「いちいち否定が多い。何かにつけて口出ししていろいろ押し付けてこられるとうんざりする」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

彼女の親といえば確かに自分よりも目上の人に当たります。しかし、なにかにつけて自分の意見を否定してくるような親は、話していて不快なだけでなく自分を認めていないなとも感じられてしまうでしょう。

■態度が冷たい親

・「やけに冷たい態度をとってくる」(36歳/食品・飲料/技術職)

・「態度が冷たい。または、隠しごとでもあるような態度を見受けられたとき。結婚したとしても、あとでめんどうなことになりそうだから」(36歳/その他/その他)

これから家族になるというのにもかかわらず、やけによそよそしい態度をとったり、冷たい態度をとるような親もいます。こうした親とは結婚後どのように接していけばよいのかわからず、先が思いやられることでしょう。

■年収や職業を過剰に気にする親

・「年収や仕事をすごく気にする」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「年収や業種にこだわりを持っている」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼女の親の中には、結婚相手の年収などをやたらと気にする人もいます。こうした態度は下世話で不快ですよね。娘の結婚相手の年収にこだわる親は、職業や年収で相手をはかろうとする傾向があり、世間体を気にすることも多いようです。

■自分のことばかり考えている親

・「自己中でこちらの家族のことを考えていない」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「何に関しても自己中な人だったりお金にルーズな人」(24歳/その他/その他)

マイペースな行動ばかりが目立ったり、自己中心的な発言が多いなどといった親は、娘のことや娘の家庭のことなんて頭にありません。自分のことばかりを考えて勝手な行動をするだけでなく、周囲をも巻き込む恐れがあります。

■まとめ

結婚相手の親となると末永く付き合っていく相手になります。最近では、毒親というのも注目されていますが、あまりにも目に余るような態度だと、スムーズな付き合いも難しくなってしまうのではないでしょうか? 結婚相手の親がどのような人なのかは、ある程度慎重に見たほうがいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月20日〜2016年12月21日
調査人数:377人(22〜39歳の社会人男性)