愛に苦悩するスパイになり切った (c)2016 Paramount Pictures.
All Rights Reserved.

写真拡大

 ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールが共演したロバート・ゼメキス監督作「マリアンヌ」のテレビスポットが、公開された。本編映像のほか、世界各地で行われたプレミアに参加した際のピットの姿を収めている。

 第2次世界大戦下のモロッコ。ドイツ軍大使の暗殺任務を帯びて現地に潜入したイギリスの諜報員マックス(ピット)は、フランス軍のレジスタンス・マリアンヌ(コティヤール)と夫婦を装ううち、心ひかれていく。終戦後、ロンドンで結婚式を挙げて本当の夫婦になった2人だが、マリアンヌにある嫌疑がかかったことからマックスは苦悩する。

 ピットは今作で、妻の身の潔白を信じ抜く愛にあふれた夫を体現しながらも、潜入シーンでは素早い身のこなしで熟練スパイになりきるなど、“家庭人”と“仕事人”両方の顔を見せている。映像では、マックスが身をていしてマリアンヌをかばう本編シーンのほか、プレミアに参加したピットが万雷の拍手で迎えられ充実感をにじませる様子や、レッドカーペットではファンと記念撮影に興じる気さくな姿を切り取っており、ピットのさまざまな表情が楽しめる内容となっている。

 「マリアンヌ」は、「コードネーム U.N.C.L.E.」のジャレッド・ハリス、「裏切りのサーカス」のサイモン・マクバーニー、「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のリジー・キャプラン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のマシュー・グードらが脇を固める。「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のスティーブン・ナイトが脚本を手がけた。2月10日から全国公開。