カン・ハヌル「どこでもフリーハグをする」…映画「再審」観客動員数300万人突破の公約を明かす

写真拡大

俳優カン・ハヌルが映画「再審」(監督:キム・テユン) の公約を掲げた。

カン・ハヌルは、10日午後に生放送されたNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて放送された「心を揺さぶる深深トーク」スポットライブで、来月2月14日に公開される新作映画「再審」と関連し、自身が希望する観客数を明らかにした。

この日カン・ハヌルは「フリーハグは当然することだ。それは問題ではない」とし「僕はもし僕の映画を300万人の方にご覧頂ければどこでもフリーハグをする」と話した。

それから「映画を撮った情熱だけ考えれば300万より多くの観客がいらっしゃると思う」と自信を示した。