人との待ち合わせ、どうしてる?「早く着いて暇つぶしを楽しむ」「ルパンみたいにジャストで到着」「5分遅れがマナー」など個性が見える結果に

写真拡大

デートや仕事の待ち合わせ。相手のことを考えてどんなタイミングで着くのかは、個人の性格や考え方があらわれるところかもしれません。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「アナタは待ち合わせの時間より【早い・ジャスト・遅れる】タイプ?」についてのQ&Aをご紹介します。

【今回の質問】

アナタが人と待ち合わせた時・待ち合わせ時間より「(1)早い」「(2)ジャスト」「(3)遅れる」以上のどのタイプですか? 私は「(3)遅れる」タイプです(スミマセン……)。
(hisae213さん)

【回答者さんたちからのお答え】

まずは「早い」派の回答者さんたちのお話から。

■無用な心配

絶対に早いです! 15分前には来てるかも……。「もしかしたら電車が突発的に遅れるかもしれない」みたいな無用な心配をしてしまうんですね。でも最近は何かがあったらメールで連絡できるので、そんなに早くは行かなくなりました。
(localtombiさん)

「絶対に」というのがすごいですね。しかも15分前! 確かに電車でも車でも遅れる可能性はあるので、大事な待ち合わせのときには早めに行動するという人は多いでしょうね。

■暇つぶしを満喫

10分前ぐらいに着くように心がけています。移動が車などで不確定要素がある時は、1時間以上前に着くこともあります。そんな時は、近くに暇つぶしができそうなところを事前に探しておいてゆっくりしてたりもします。
(kushiro946さん)

1時間以上前って! は、早い〜! しかも暇つぶしスポットを調べておくとは、用意周到ですねぇ。でも待ち合わせ時間までに用事を済ませたり、ひとりの時間を楽しんだり、逆に時間を有意義に使えるのかもしれませんね。

■5分でイライラモード

10分早くがモットー! だから5分でも持たされるとイライラモードに。30分なら帰ります。遅れると連絡あればOK!
(silence03さん)

早く着くのはいいけれど、そのぶん待たされることが多くなるので、この辺りは考えどころですね。でも遅れて焦るよりも待たされるほうがいいという人は「早い」派になるんでしょうね。

■不安になるので……

基本は「(1)早い」です。たまに「(2)ジャスト」です。まれに「(3)遅れる」です。昔は15分前に待ち、(集合時間より早く着くのが当たり前だと思ってた)。待ち合わせ時間が近づくにつれ、「何時に来るのだろう?」という不安が好きじゃないので、最近じゃちょっと前ぐらいに到着するように遅くなってきました。
(bule_95さん)

5分、10分といえ、待たされるとちょっと不安にもなっちゃいますよね。こちらの回答者さんは「集合時間より早く着くのが当たり前だと思ってた」とのことですが、そもそも集合時間に対しての認識がそれぞれ違うのかもしれません。

ということで、「遅れる」派にはこんな意見がありました。

■5分遅れがマナー!?

僕は「(1)早い」です。基本的に10分ほど早く来ます。ですが、朝早い時間だと高確率で(3)になります。しかし、日本のマナーとして5分くらい遅れるのが良いと聞いたことがあるのですが……。
(munchen23さん)

ちょっと遅れるのがマナーということですね。そういえば、沖縄では遅れていくのが当たり前と聞いたことがありますが、地域によっても違うのかもしれません。

■回答者さんは早め、でもご両親は……

私自身は30〜10分程度早めに行く人ですが、実家(田舎です)では(というか、ウチの親は)早く行きすぎると向こう様もあわててしまい迷惑という理念があり、遅れ気味に行くのが礼儀らしいです。

と思っていたら、私と待ち合わせをした時などは1時間も早くきて、勝手にいらいらしている時もあります。ルーズなのではなく、彼らの中では正確に遅れたり早めに行ったりしているのです。実話です。

うちの親だけかと思っていたら、親の世代より上はわりにこんな感じらしいし……。だから、どんな時でも遅れる慣習の土地柄もあると思います。
(haru2556さん)

やっぱり地域によっては、遅れるのが礼儀というところもあるようですね。それから年代にもよるものなのかもしれません。土地柄によっては生活のペースが全体にゆったりしているという場合もありますし、いろんな考え方があるようですね。

■ジャストを目指して

5分前くらいに行きますが「(1)早い」かな。あまり早すぎても待つことになるし、遅れてもいけないので、できればジャストにしたいのですが。
(earl-grey_さん)

時間を無駄にしないためには、ジャストが理想的な気がしますが、続いては、その「(2)ジャスト」派さんの意見をご紹介しましょう。

■ジャスト狙いで、結局は早め

基本は「(2)ジャスト」。でも逆算してもジャストっていうのは難しいので、遅れるよりはちょっと早めになりますかねぇ。
(sakura-333さん)

そうなんですよ。ジャストに着くってなかなか難しいと思うんです。その結果、早めになっちゃうんですよねぇ。

■ジャストと言っても……

「(2)ジャスト」ですね。「やばい、遅れる!」と思って急いだ結果のジャストなので、余裕はまったくナシです。
(bacontospoさん)

同じジャストでも、こちらは急いで間に合わせたパターンですね。そうそう、遅れると焦るんですよねぇ。

■ルパンに憧れて……

「(2)ジャスト」です。子どものころ読んだモーリス・ルブランのルパンシリーズの中で、ルパンが予告時刻ちょうどに現れるくだりがとても印象深かったため、その後ずっと時刻ちょうどに現れることを意識していたりします。本来の待ち合わせ場所にジャストに着くために、見えない場所にそれ以前に到着していますから、ひょっとしたら「(1)早い」かも?
(tarsan0013さん)

ルパンみたいにジャストに現れたらカッコイイですね。でもそのためにわざわざ早く着いてるので、実際は「早い」派になるという、おもしろいお答えです。

■どっちが早い!?

私は「(2)ジャスト」です。もちろん仕事の時は早く到着します。プライベートのときね。早く着きそうなときは、本屋などで時間調整してもジャストです。でもよく待ち合わせする友人は「早く来ている派」なのです。「いつもギリギリだよね〜〜」って言われるのですが、「いいじゃん。遅れてないんだもん」って言い返します。いつも私が「お待たせ〜〜」って言わないといけないのがちょっと納得いきません。「勝手に早く来て待ってるくせに!」と思います。
(eeyoo22さん)

待ち合わせする相手やシチュエーションにもよりますよね。でもこの回答者さんと、お友だちはきっと仲がいいのでしょうね。顔をあわせたときのやりとりを想像すると、微笑ましいです♪

ここまで「(1)早い」「(2)ジャスト」派のご意見をご紹介してきました。質問者さんと同じく「(3)遅れる」派はいないのかしら……と思ったら、こんな方がいましたよ。

■遅れても怒られない

お〜、みなさん早いんですね。そんな中、回答するのは気が引けますが……。プライベートな待ち合わせは、「(3)遅れる」です。私もこれで怒られたことがないんですよね。遅刻の連絡はもちろんします。友達もみんな遅刻タイプです。なので、待たされてもみんな文句言いません。逆に待つ立場だと、「今日は私が一番ね」とうれしくなります。

ただ、何時何分の電車に乗るとか、何時からの映画観るとか、何時にお店の予約を入れたからとか、今日は絶対遅刻なしと決められている時は、遅刻したことはないです。10分前には着くようにしてます。ただただ「3時に待ち合わせ」と言われると、必ず遅刻してしまいます……。
(gonta-99さん)

なるほど。みんなが遅れるタイプなら大丈夫ということですね。でもイベントなど、時間が決まっている場合は遅刻しないというのは分かります。映画が観れなかったり、お店に入れなかったりするのは困りますもんね。

それにしてもみなさんの回答を見ると、待ち合わせ時間って案外難しくて、奥深いものですね。

ちなみに私の場合は、(1)の「早い」です。本当はジャストがいいなと思うのですが、遅刻するのも嫌なので、早めに行っちゃいます。それでも遅れることがありますが……。

Pouch読者のみなさんは、「早い」「ジャスト」「遅れる」、どのタイプですか?

参照元:教えて! goo 「アナタは待ち合わせの時間より【早い・ジャスト・遅れる】タイプ?」
画像=ぱくたそ
執筆=シナモン (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む