中国の主要メディアは、今回のニュースをトップ扱いで報じた(鳳凰網)

写真拡大

 かつて「台湾の宮沢りえ」というキャッチコピーで日本でデビューし、タレント、歌手、女優として大活躍したビビアン・スー。台湾に帰国後も数多くの映画に出演し、今は一児の母親として、さらに活動の場を広げている。そんなビビアンに関して、気になるニュースが報じられている。

「鳳凰網」(1月6日付)などが報じたところによると、中国文化部(日本の文化庁に相当)が、国内でのテレビ出演や芸能活動を禁止する芸能人を名指しした「封殺リスト」を発表。そこに記された55名の芸能人の中に、かのビビアン・スーの名前が連ねられていたのだ。

 彼女が中国当局から目の敵にされることとなったのは、過去の親日発言が原因といわれている。同国メディアによると、ビビアンは2010年2月、東京・赤坂で行われた会見上で、「日本は自分にとって、育てのお母さんのような存在。日本で活動した8年間はとても貴重で、機会があればこれからまた日本で活動したい」と語った。また、この会見以外にも日本への特別な思いを公に語ってきたビビアンだったが、当局にとっては親日発言を繰り返す危険人物として捉えられていたとみられる。今回の「封殺リスト」の発表を受け、中国国内のSNS上ではビビアンへのバッシングが相次いだことから、ビビアンの弁護士はネットユーザーに対し、名誉棄損で法的措置も辞さない構えを見せている。

 封殺リストの影響は、すでに表れている。中国大手の化粧品会社「CHANDO」の広告塔を務めていたビビアンだったが、リストが発表されると、すぐに商品ポスターなどが撤去されたのだ。さらに、今回リスト入りした芸能人の多くは香港や台湾の出身者で、過去に民主化運動などに言及したことがあったため、中国文化部から問題視されたとみられている。

 中国版Twitter「微博」では、「親日野郎と独立運動の支持者は中国に来てほしくないから、このリストには大賛成」「ビビアンの発表してきた楽曲なども全部、中国から排除するべきだ!」と、封殺リストを支持する声が多く寄せられている一方、
「芸能と政治を一緒にするべきではない」などといった冷静な意見も見られる。

 日本にもファンが多いビビアンだけに、これ以上、政治問題に巻き込まれないよう祈るばかりだ。
(文=青山大樹)