©ぴあ

写真拡大

ヒチョル初の著書、出版記念サイン会

アジアのみならずヨーロッパや南米でも人気を博すSUPER JUNIOR(スーパージュニア)。

【Block B】[第11回]意識を変えた出会いって? ユグォン流のラーメンの食べ方も〜ユグォン編

そのメンバー・ヒチョルが、初の著書『「MY RAMEN-FUL LIFE」〜今日、ラーメン食べに行こう!北海道編〜』を1月7日にぴあ株式会社より発売。

翌日8日(日)には東京・新宿紀伊國屋書店で、8,000名の応募から抽選で選ばれた約100名のラッキーなファンを集めて出版記念サイン会を開催し、イベントに先駆け、報道陣向けの取材で同書について語った。

マルチエンタテインメントグループとして歌はもちろん、バラエティからドラマまでこなし世界中の女性を虜にしているSUPER JUNIOR。

その中でもロックからサブカルまでもっとも振れ幅の広いタレント性をもっているヒチョルは、ラーメン通としても知られており、同書はヒチョルの「日本でラーメン本を出したい!」という発言を発端に制作された念願の「北海道ラーメン紀行本」。

行列必至の大人気店から、北海道ならではのこだわりの素材を使用したお店はもちろん、彼自身が食べてみたいと考えたラーメン店だけでなく、何度も来日しているが訪れる機会がなかったという北海道の札幌・小樽の観光スポットも紹介。

初めての北海道で、大好きな日本のラーメンを食する2泊3日のおひとりさま旅を追った、ロードムービー風ガイドブックは“ビジュアルBOOK”というだけに、ヒチョルのビジュアルを中心に北海道のさまざまな魅力に触れられる作りになっている。

次回本の舞台は東京・大阪・沖縄!?

会場にぎっちり入った報道陣の前に、緊張の面持ちで登場したヒチョル。

「SUPER JUNIORのヒチョルです」と日本語でひとこと言うと、「コンサートでいつもやってる挨拶をしてもいいですか?」「あなたのヒチョルがニコニコにー!」と挨拶し、お客さんを笑わせる一幕も。「日本で人生初の本を出すことができて本当にうれしいです。北海道はすごく美しい場所で、とても良かったです」と、感想を述べた。

記者からの質問にいくつか答えると最後に、「この本を見て、“ヒチョルは本当にラーメンが好きなんだな”と思っていただけるとうれしいです。デビュー前から本を出したいと思っていて、ようやく実現。いろいろな企画が上がりましたが、僕が本当に好きなことで本を出したかったんです。僕のファンの方には、カッコいい僕の写真を楽しんでいただけます(笑)。

肩肘張らずに読める本に仕上がりました。こうやって本が出せたことに、改めて感動しています」と初出版の喜びを語り、「次に出せるとしたら、東京、大阪、そしてまだ行った事がない沖縄にも行ってみたい」と次昨への意欲をのぞかせた。

取材後にはサイン会が行われたが、ヒチョルが日本でサイン会を開催するのが初とあり、ファンの期待も大。ひとりずつ丁寧にひらがなで名前を書いてくれるヒチョルを間近で見て大満足の様子で、思い出深いイベントになったようだ。

【SUPER JUNIOR-HEECHUL】
アジアのみならずヨーロッパや南米でも活躍する「SUPER JUNIOR」。日本でもオリコンチャート 1 位や、ドームツアーを行うなど人気の高さを伺わせる。そのメンバーであるヒチョルは歌はもちろんだがバラエティや MC などでも活躍をするマルチスター。一方で非常に自由気ままな人柄で、日本のアニメやゲーム、そしてラーメンを愛してやまないサブカルな一面も併せ持つ、才能豊かなキャラクターである。