ユ・スンホ&キム・ソヒョン&INFINITE エルら、新ドラマ「君主」に出演確定“最高のラインナップ”

写真拡大

MBC新水木ドラマ「君主−仮面の主人」(脚本:パク・ヘジン、チョン・ヘリ、演出:ノ・ドチョル)(以下「君主」) が編成と主演キャスティングを確定した。

「君主」は1700年代朝鮮時代、実際に存在した水の私有化を題材にした、政治と恋愛が調和したファクション(ファクト+フィクション) 時代劇だ。全国の水を私有化して巨万の富と権力を得た絶対権力“辺首会”に立ち向かう世子(王の跡継ぎ) の義理堅い戦いを描く作品である。

民のため英雄になる世子イ・ソン役には俳優ユ・スンホ、世子に復讐しようとしたが恋に落ちてしまうイ・ガウン役には女優キム・ソヒョンがキャスティングされた。

また、INFINITEのエルが賤民でありながら“偽りの王”となるイ・ソン役を演じて、初めて時代劇に挑戦し、ユン・ソヒは辺首会の大将デモクの孫娘キム・ファグンに変身する。

「君主」は「きらきら光る」「ソウルメイト」などを手掛けたノ・ドチョルプロデューサーが演出を務め、映画「哀しき獣」「群盗:民乱の時代」などのシナリオを作業したパク・ヘジン脚本家と「イ・サン」「階伯(ケベク)」などを共同執筆したチョン・ヘリ脚本家がダックを組み、期待を集めている。

「君主」は韓国で5月中に韓国で初放送される。