SUPER JUNIOR シンドン、除隊後の抱負を語る「ラジオパーソナリティになりたい」

写真拡大

除隊して帰ってきたSUPER JUNIORのシンドンがラジオパーソナリティになりたいという希望を語った。

9日に放送された「テイの夢見るラジオ」の「兄たちに聞いてみて」コーナーには、軍服務を終えて帰ってきたSUPER JUNIORのシンドンが出演した。

この日、シンドンは理想のタイプとしてあげたRed Velvetのウェンディについて「(理想のタイプを言及した後) 検索ワードに入っていて申し訳なかった。ウェンディを見たが、とても優しくて性格が良かった。“良妻賢母のような雰囲気だった”と言っただけだから、誤解しないでほしい」と解明。

続けてシンドンは、これからの活動計画について「除隊後はラジオパーソナリティをしたいと思った。僕が希望する時間は12時だが、同じ事務所のSHINeeジョンヒョンがいる。10時にはH.O.Tのカンタ先輩もいる。アン取締役(カンタ) がいるのに僕がやるわけにはいかない。これから各時間帯にラジオに出演してみる」と抱負を語った。

MBC FM4U「テイの夢見るラジオ」は毎日午後10時、MBC FM4U(ソウル/京畿(キョンギ) 91.9MHz) で放送される。パソコンおよびスマートフォンアプリ「mini」を通しても聞くことができる。