10日、中国版ツイッター・微博で、全国高校サッカー選手権の決勝戦のダイジェスト動画を紹介する投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年1月10日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、全国高校サッカー選手権の決勝戦のダイジェスト動画を紹介する投稿があった。

動画は、9日の第95回全国高校サッカー選手権大会決勝の青森山田高校対前橋育英高校の試合のダイジェスト版を紹介。結果は、5−0で青森山田高校が優勝したが、そのゴールの様子や、前橋育英高校による猛攻を防ぐ青森山田高校のキーパーによるセーブなどを紹介している。投稿者は、中国もまずは5000人の観客を動員する青少年サッカー試合の開催を目標とすべきだとしている。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「うらやましいとしか言いようがない」
「若い時からこういう環境でサッカーをできるというのは、将来に非常に良い影響を与えるに違いない」

「これを見ると日本サッカーとの差は大きいんだなと思う」
「われわれの子どもたちはみんな塾通い」

「中国スーパーリーグのチームが出場しても勝てるとは限らないというのは、少しも大げさではない」
「サッカーのことはよく分からないけど、中国代表でもこのチームに勝てないような気がする」

「アニメに出てくる全国大会はみんな本物なんだな。しかも100年近くも続けているんだ」
「子どもの時にスラムダンクやキャプテン翼を見て、すごくうそくさいと感じた。高校生の試合にあんなにも多くに人が関心を寄せるのかと。でもそれは本当なんだと今分かった」(翻訳・編集/山中)