miwaと坂口健太郎が新年らしく着物姿を披露!

写真拡大

歌姫と一途な青年の恋を描く映画『君と100回目の恋』(2月4日公開)の大ヒット祈願イベントが1月10日に東京大神宮で行われ、W主演を務めるmiwaと坂口健太郎が出席。新年らしく着物姿を披露し、miwaが「男前だなと思います」と坂口の袴姿を絶賛した。

【写真を見る】miwaと坂口健太郎がお互いの恋みくじに興味津々!晴れやかな着物姿の全身写真はこちらから

本作は、事故に遭遇してしまう葵海(miwa)と、彼女の運命を変えるためタイムリープを繰り返す青年・陸(坂口)の運命の恋を描く純愛映画。この日は、恋愛成就にご利益があるといわれ、“縁結びのパワースポット”としても知られる東京大神宮で大ヒットを祈願した。

miwaは白地に紫の梅の花模様の着物姿。坂口は真っ白な袴姿で、「明けましておめでとうございます」と晴れやかな笑顔を見せた。「初めて袴を着た。身が引き締まる思い」と言う坂口だが、miwaは「坂口くんは身長が高いから何でも着こなせる。すごく似合っている。男前だなと思います」と絶賛していた。

「おおお、ちょっと磨きがかかってしまうんですね」とジョークを飛ばして会場の笑いを誘った坂口。金髪、色白、白の袴とあって、坂口自身も「鏡を見た時に、今日の僕は特に真っ白だなと思った」と照れ笑い。miwaの着物姿については「素敵です!後ろもとてもかわいい。お似合いです」とこちらも惚れ惚れとした様子だった。

また、新年の抱負を聞かれたmiwaは「坂口くんとW主演の映画か公開になりますし、アルバムも出て、初めてのアリーナツアーで全国をまわるという大きな行事も待っている」とさらに豊かな一年になるようで、「ビッグイヤーにしたい。頑張りたいです」と意気込んだ。

坂口は「仕事をしていると元気」ながら、「休みになると絶対に熱が出ちゃう」そうで、「それをちゃんとしたいな」とプライベートの体調について告白。「映画が公開になるので、それに向けて頑張りたい。とても素敵な作品になった」と完成作に胸を張っていた。

東京大神宮でのイベントとあって、恋みくじを引く一幕も。miwaは「吉」、坂口は「中吉」となり、楽しそうににっこり。「温まってもらえる作品」(miwa)、「幅広い年齢層の人に観てもらえる幸せな作品ができた」(坂口)と仲良くアピールし、イベントを締めくくった。【取材・文/成田おり枝】