A-JAX元メンバー ジェヒョン、今月除隊し俳優事務所Gallery9と専属契約…俳優として再出発誓う

写真拡大

A-JAXの元メンバー、ジェヒョンが軍隊の公益勤務服務を終え、俳優として新たに飛躍する。

ジェヒョンは2015年1月に入隊後、約2年間公益要員として勤務後、今月7日に召集解除式をもって、社会に戻って来た。

そして最近、俳優専門マネジメント会社「Gallery9」と専属契約を結び、俳優として本格的な活動に入ると伝えた。

2016年2月、A-JAXメンバーの再編と同時に、FAの資格を取得したジェヒョンは2012年、A-JAXメンバーとしてデビュー後、ステージで爆発的なエネルギーで大衆の心をつかみ、作詞作曲を手がけるなど、才能まで兼ね備えたアーティストとして注目を浴びた。これに続き2014年にはウェブドラマ「ヴァンパイアの花」で主演「ルイ」役を演じ、俳優活動をスタートさせた。

所属事務所「Gallery9」は「多彩な魅力と才能を兼ね備えたジェヒョンと、俳優としてのスタートを共にすることができて、とてもうれしく思っており、これからも活発な活動ができるよう、惜しみないサポートと最善の努力を惜しまない」と伝え「俳優として新たに出発するジェヒョンを沢山の関心と愛情で見守って欲しい」と明かした。

「Gallery9」はユン・テヨン、キム・ミニョン等が所属している、俳優専門マネジメント会社であり、ジェヒョンは本格的な活動再開に拍車をかけるため、現在次期作を検討中だ。