シビル・ウォーにいなかった2人が対決する模様 TM & (C)2010 Marvel (C)2010 MVLFFLLC.
All Rights Reserved.

写真拡大

 「マイティ・ソー」シリーズ第3弾「ソー ラグナロク(原題)」で、ソーとハルクの対決が描かれることがわかった。

 米マーベル・スタジオがこのほど公表したあらすじは、魔力を宿したハンマーもなく宇宙の反対側にとらわれたソーが、新たな脅威、全能で無慈悲なヘラの手にかかり、アスガルドへ急がなければならないという内容。自身の故郷である世界が破壊され、アスガルドの文明に終わりをもたらす“ラグナロク”を阻止するためのタイムリミットが迫る中で、ソーはかつてアベンジャーズの仲間だったハルクとの命がけの決闘を強いられるようだ。

 ニュージーランドの気鋭タイカ・ワイティティ監督(「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」)がメガホンをとる本作は、ソー役のクリス・へムズワースや、ロキ役のトム・ヒドルストンをはじめ、アンソニー・ホプキンスやイドリス・エルバが再集結。「アベンジャーズ」シリーズでハルクを演じるマーク・ラファロが参戦するほか、新たにケイト・ブランシェット、ジェフ・ゴールドブラム、テッサ・トンプソン、カール・アーバンらが加わる。

 「ソー ラグナロク(原題)」は11月3日全米公開。