チョンジ(TEENTOP)、ドンヒョン(BOYFRIEND)出演、韓国で話題のヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』日本初上演決定!

写真拡大 (全2枚)

【10日=KEJNEWS】14年に韓国の新たな演劇が生まれる場所と言われる大学路(テハンノ)で初演され、15年、16年に再演された2人芝居の韓国で話題のヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』が日本初上演される。本作は、人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する【プラシーボ・プロジェクト】を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を 幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。14年の初演時には、小劇場公演であるにもかかわらず、死ではなく生を語る丁寧に作られた戯曲、幻想的なミュージカルナンバー、出演者2人だけのミュージカルという点からもSBS、MBCなど各種メディアで取り上げられ、15年、16年と再演を重ね、韓国ミュージカル業界で新たな潮流を作った最高の話題作となる。また、初演時では青少年のための“生命尊重”キャンペーンの一環として、3000名の中高校生を対象に特別公演を実施。翌年の公演時には、出演者が病院に訪問、入院患者のためのチャリティコンサートを開催。オリジナルミュージカルナンバー『Why Not』のミュージックビデオが、自殺予防キャンペーンの一環として公開されるなど、多方面で影響を与える作品となった。さらに、昨年には韓国文化芸術委員会の‘優秀創作ミュージカル海外共同製作作品’、韓国健増進開発院 ‘生命尊重創作ミュージカル’ として選定されるなど、重厚ながら幅広い世代が共感できるミュージカル作品としてゆるぎない評価を得ている。

ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』記念すべき日本初上演となる今回は、日本でも高い人気を得ているK-POPグループTEENTOPのチョンジ、BOYFRIENDのドンヒョンをはじめ、実力派若手ミュージカル俳優の競演が実現。ヘギのバケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実現していく過程で感じる悲しさ、はかなさ、そんな中でも生まれるユーモアを体現できる。ヒューマン・コメディ・バディミュージカル『マイ・バケットリスト』は、2017年2月25日より東京シーサイドフェスティバルホールB@お台場にて日本初上演する予定。